専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

今季のブルズは強豪に全敗?「水に流しちゃいけない」とデローザン、カルーソらは危機感を露わ<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2022.03.23

ここまで東西トップ3チームに全敗のブルズ。この状態でプレーオフを勝ち上がるのは難しいだろう。(C)Getty Images

ここまで東西トップ3チームに全敗のブルズ。この状態でプレーオフを勝ち上がるのは難しいだろう。(C)Getty Images

 現地時間3月22日、ファイサーブ・フォーラムで行なわれたシカゴ・ブルズとミルウォーキー・バックスによる一戦は、ホームのバックスが最大35点差をつけて126-98でブルズに圧勝した。

「このチームの皆がそれぞれの仕事をしたということ。確かに、クリス(ミドルトン)はプレーしていなかった。彼はこのチームで重要な役割をこなす選手だ。でもこのチームは(彼がいなくても)十分戦える、素晴らしいチームなのさ」

 この試合で25得点、17リバウンド、5アシスト、3ブロックの活躍を見せたヤニス・アデトクンボは試合後にそう語り、“チーム力の高さ”を強調した。

 ミドルトンが左手首を痛めて欠場するも、アデトクンボの活躍に加えてドリュー・ホリデーがゲームハイの27得点に7アシスト、さらにはパット・カナトンが14得点、5リバウンド、ウェスリー・マシューズとサージ・イバカがそれぞれ11得点、ブルック・ロペスとグレイソン・アレンがともに10得点をマークし勝利に貢献した。
 
 ここ10戦で8勝2敗としたバックスは、現在イースタン・カンファレンス2位の45勝27敗(勝率62.5%)。一方、一時イーストの首位に立っていたブルズは直近10試合で3勝7敗となり、42勝30敗(勝率58.3%)で5位へ転落した。この日もニコラ・ヴュチェビッチが22得点、7リバウンド、デマー・デローザンとザック・ラビーンがそれぞれ21得点を残すも、2桁得点はこの3選手のみと元気がなかった。

 5シーズンぶりのプレーオフ進出が濃厚なブルズだが、上位チームとの戦績は芳しくない。というのも、この日を終えた時点でイースト首位のマイアミ・ヒート(47勝25敗/勝率65.3%)、2位のバックス、3位のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ(44勝27敗/勝率62.0%)に対して0勝10敗。ウエスタン・カンファレンス首位のフェニックス・サンズ(58勝14敗/勝率80.6%)、2位のメンフィス・グリズリーズ(49勝23敗/勝率68.1%)、3位のゴールデンステイト・ウォリアーズ(47勝25敗/勝率65.3%)にも6戦全敗を喫している。

 そしてこの日、またもや強豪に敗れたブルズ。アレックス・カルーソは「もはや水に洗い流すことなんてできない。何度も起きているんだ。この敗戦から学ばなきゃいけない」と悔しさを露わにした。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング