専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

【NBA】ヨキッチが2021-22シーズンのMVPに!2年連続受賞は史上13人目、センターでの複数回受賞は5人目の快挙<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2022.05.10

主力が離脱したなか、攻守でフル回転したヨキッチ。史上13人目の2年連続MVP受賞が明らかとなった。(C)Getty Images

主力が離脱したなか、攻守でフル回転したヨキッチ。史上13人目の2年連続MVP受賞が明らかとなった。(C)Getty Images

 米スポーツ専門局の『ESPN』は5月9日、NBA2021-22シーズンのMVPにデンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチが選出されたと報じた。

 第一報を報じたのはESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者で、同氏は今週中にリーグから正式な発表がされると述べている。

 今季のヨキッチは74試合に出場し、いずれもキャリアハイの平均27.1点(リーグ6位)、13.8リバウンド(同2位)、同2番目の7.9アシスト(同8位)を記録。フィールドゴール成功率58.3%、1.47スティール、0.85ブロックも自己ベストの数字だった。また、リーグ史上初めて同一シーズンで2000得点・1000リバウンド・500アシスト以上を達成している。

 所属するナゲッツは今季、先発ポイントガードのジャマール・マレーが故障で全休、次代のエース候補として期待されるマイケル・ポーターJr.もシーズン序盤の9試合の出場にとどまった。それでもリーグ最多19試合でトリプルダブルを達成したヨキッチの八面六臂の働きにより、チームはウエスタン・カンファレンス6位の48勝34敗の好成績を残した。
 
 セルビア出身のヨキッチは2014年のドラフト2巡目41位でナゲッツに入団。昨季に同国出身初のMVPに輝き、2年連続の受賞はリーグ史上13人目(うち3人が3年連続)、複数回の受賞は15人目となった。

 さらに、センターでの複数回受賞は、カリーム・アブドゥル・ジャバー(6回)、ビル・ラッセル(5回)、ウィルト・チェンバレン(4回)、モーゼス・マローン(3回)に続く5人目の快挙。現代最高峰のオールラウンドビッグマンとして、レジェンドたちの仲間入りを果たした。

構成●ダンクシュート編集部
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング