専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

ストックトン、レブロン、ヨキッチなど多士済々! NBA歴代“ベストパサーチーム”を選定<DUNKSHOOT>

出野哲也

2022.04.22

史上最多アシスト数を誇るストックトン(左)を筆頭に、現役のレブロン(右上)やヨキッチ(右下)ら各ポジションの名パサーが集結した。(C)Getty Images

史上最多アシスト数を誇るストックトン(左)を筆頭に、現役のレブロン(右上)やヨキッチ(右下)ら各ポジションの名パサーが集結した。(C)Getty Images

 豪快なダンクや長距離から射貫く3ポイントシュートはバスケットボールの花形プレーだが、それらを演出する華麗なアシストもファンを惹きつける大きな要素だ。

 今回『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者に依頼し、NBA歴代の全選手を対象としたポジション別“ベストパサーチーム”を選んでもらった。

【ポイントガード】
ジョン・ストックトン

1962年3月26日生。185cm・77kg
キャリアスタッツ:1504試合、平均13.1点、2.7リバウンド、10.5アシスト

 PGの一番の仕事はプレーメイキングであるから、このポジションには多数の名パサーがいる。ただ、パスを繰り出す目的は、その華麗さやテクニックを披露するのではなく、得点につなげること。その大前提に従えば、史上最高のパサーとは最も多くのアシストを記録したストックトン以外あり得ない。

 1987-88シーズンに平均13.8本でアシスト王になって以来、9年連続でそのタイトルを譲らず、通算本数も歴代トップの1万5806本。現役1位(歴代3位)のクリス・ポール(フェニックス・サンズ)ですら1万977本で4000本以上も差があるのだから、今後更新する選手が現われる可能性は低い。

 観客を驚かせるような派手なパスは滅多になく、ユタ・ジャズの盟友カール・マローンとのピック&ロールを中心に、ひたすら堅実・確実にパスを供給し続けた結果だった。最も有名なのは97年のファイナル第4戦、残り50秒で投じた超ロングパス。ボールを受けたマローンがレイアップを決め、シカゴ・ブルズに逆転勝ちを収めた。
 
【シューティングガード】
ピート・マラビッチ

1947年6月22日生(88年1月5日没)。196cm・89kg
キャリアスタッツ:658試合、平均24.2点、4.2リバウンド、5.4アシスト

 大学時代に3年間で平均44.2点を記録し、NBAでも得点王になった天才スコアラーは、傑出したパサーでもあった。

 まるで身体の一部であるかのように、自由自在にボールを操り、ノールックやビハインド・ザ・バック・パスなどは当たり前。レッグスルー、アンダーハンドでのベースボールパスなど変幻自在で、史上最高のエンターテイナーと言われたのも納得だった。

 そのプレースタイルは、ジャズの後輩ストックトンとは正反対。自身がスコアラーでもあったため、アシストも特に多くはなく72-73シーズンの平均6.9本(リーグ6位)が最多だったが、SG最高のパサーには彼を推したい。

 現役ではジェームス・ハーデン(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)が、基本はSGながらPGでも起用され、2016-17シーズンにリーグ1位の平均11.2アシスト。なおキャリア通算の平均アシスト数が最も多いSGは、マラビッチ(5.4本)でもマイケル・ジョーダン(5.3本)でもなく、クライド・ドレクスラー(5.6本)である(PG兼任の選手を除く)。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング