専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

「『笑みをなくせ』というのは無理だね」サンズ撃破でドンチッチも喜色満面!第7戦を大勝したマブズがウエスト決勝の舞台へ<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2022.05.16

一方的な展開でサンズを破ったマブズ。ウエスト決勝進出に、ドンチッチも喜びを隠せないようだ。(C)Getty Images

一方的な展開でサンズを破ったマブズ。ウエスト決勝進出に、ドンチッチも喜びを隠せないようだ。(C)Getty Images

 フェニックス・サンズとダラス・マーベリックスによるウエスタン・カンファレンス・セミファイナルは、シリーズ第6戦を終えて3勝3敗のタイ。互いにホームゲームで勝利を飾っており、サンズは勝利した試合で平均19点差、マブズも同平均15.3点差と、2桁得点差をつけるという“内弁慶シリーズ”となっていた。

 そのため、マブズのジェイソン・キッドHC(ヘッドコーチ)が「多くの人たちはこの試合がブローアウトになると見ていた。彼らは正しかったね」と語るのも無理はない。だがサンズのホーム、フットプリント・センターで現地時間5月15日(日本時間16日、日付は以下同)に行なわれた最終第7戦は「でも彼らは勝利チームが我々になるとは見ていなかった」というキッドHCの言葉どおり、マブズが123-90でサンズに圧勝を収めた。

 序盤からショットを次々と沈めていったマブズとは対照的に、サンズは「序盤から相手にはプレッシャーがかけられていたのかもしれない。普段なら決めているショットもいくつか落としていた」と敵将が話したように、ことごとくリングからこぼれ落ちてしまう。

 前半を終えて、ルカ・ドンチッチは27得点の大暴れ。対するサンズはなんとチーム全体でわずか27得点と、目を疑うような展開となった。27-57の30点ビハインドで試合を折り返したサンズに対し、会場に集まったファンがブーイングを浴びせたのも致し方ない。
 
 今季リーグベストの64勝18敗(勝率78.0%)でレギュラーシーズンを終えたサンズは、第4クォーターに40-31と意地を見せたものの、第3クォーター終了時点で42点ビハインドという大差がついており、まさに焼け石に水。一方的な展開による、思わぬ形で今季を終えることになった。

「私はこのチームに何かレッテルを貼られるのが嫌いでね。このチームがどこまで勝ち上がれるかなんて、自分たちでさえわからない。だからプレーしているんだ。だからこそ、今夜こうして見せつけたのさ」(キッドHC)

 0勝2敗のスタートから巻き返し、4勝3敗でウエスト準決勝を制したマブズは、ドンチッチがゲームハイの35得点、10リバウンド、4アシスト、2スティールをマークしたほか、5本の長距離砲を沈めたスペンサー・ディンウィディーが30得点、ジェイレン・ブランソンが24得点と、3人で計89得点。彼ら以外で7得点以上をあげた選手はいなかったものの、ディフェンスやリバウンドなどそれぞれがしっかりと役割をこなしてみせた。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング