専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

14年ぶりの優勝を逃したセルティックス。テイタムらが「この負けは辛い」と悔しさを口にするなかブラウンは「未来は明るい」<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2022.06.18

選手たちが敗戦の悔しさを口にするなか、ブラウンは未来に向けたポジティブな言葉を残した。(C)Getty Images

選手たちが敗戦の悔しさを口にするなか、ブラウンは未来に向けたポジティブな言葉を残した。(C)Getty Images

 ボストン・セルティックスとゴールデンステイト・ウォリアーズによる今年のNBAファイナルは、現地時間6月16日(日本時間17日、日付は以下同)に行なわれた第6戦をウォリアーズが103-90で制し、シリーズ成績4勝2敗で幕を下ろした。

 全6試合とも10点差以上で決着がついたとはいえ、点差や勝敗以上に白熱した好勝負だった。特に初戦はセルティックスが第4クォーターの大逆転劇で勝利をおさめ、ホームの第3戦も制したことで2勝1敗とリード。だが第4戦でステフィン・カリーが43得点の超絶パフォーマンスを見せたことを皮切りに、ウォリアーズが3連勝を飾ってセルティックスを撃破した。

 セルティックスはロースター全員がファイナル初出場。キャリア10年以上のベテランや、オールスターやオールNBAチームに選ばれながらも頂上決戦に辿り着けない選手たちが多くいるなか、今年はNBAチャンピオンとなる千載一遇の機会だっただけに、悔しさを口にするのも無理はない。

「間違いなくタフだ。これからも辛い経験になるだろうな。この舞台に立って(優勝する)機会があったのだから、俺たちは乗り切るべきだった」(マーカス・スマート)

「この辛い思いが治まることはない。正直、このチームが再びこの舞台へ戻ってくるまで痛みが止むことはない。もっと上手くなるしかない。全員がステップアップしていかなきゃ。自分たちがやっているすべてのことに対してもう少し強度を加えていかないと。それでもこの辛さが消えることはないだろうね」(ロバート・ウィリアムズ三世)
 
 シリーズ平均21.5点、6.8リバウンド、7.0アシストとオールラウンドな活躍を見せたジェイソン・テイタムは、自身5度目のプレーオフでチャンピオンとなるチャンスを得たが、どの試合も終盤になるにつれて失速し、このシリーズは両チーム最多の23ターンオーバー。今プレーオフで記録した100ターンオーバーは、ポストシーズン単年におけるNBA史上ワーストとなり、不名誉な記録も更新してしまった。

「この負けは辛い。ここまで勝ち上がって、自分たちが望んでいたことを達成できなかったんだから。僕らはみんな、もっと上手くできたのかもしれない。僕としても、多くの面でもっと上手くやれたかもしれないという気がしている。だけど僕らはやり合った。シーズンを通して、プレーオフ全体でも(優勝するために)努力してきた」

 テイタムにとって、初のファイナルは苦々しい経験として脳裏に刻み込まれたかもしれない。アンドリュー・ウィギンズが目の前に立ち塞がり、ペイントエリアへ侵入すればウォリアーズの選手たちがまるでゾーンを組んだかのように囲い込み、得点を許さなかったからである。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング