専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

ウィザーズ新加入のライトが意気込み「プレーオフへ出場することを楽しみにしている」<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2022.07.14

過去7シーズンで6チームを渡り歩いたライト。新天地のウィザーズでは攻守両面での働きが期待される。(C)Getty Images

過去7シーズンで6チームを渡り歩いたライト。新天地のウィザーズでは攻守両面での働きが期待される。(C)Getty Images

 現地時間7月12日、フリーエージェントとしてワシントン・ウィザーズに加入したデロン・ライトが入団会見に臨んだ。

 196㎝・84㎏のコンボガードは、昨季アトランタ・ホークスで77試合(うち先発8試合)に出場。キャリア3年目以降としては最少となる平均18.9分のプレータイムに終わり、4.4点、2.9リバウンド、2.4アシスト、1.21スティールを残したシーズンを「タフだった」と明かした。

「昨シーズン、僕は自分の能力を発揮していなかった気がしている。シーズン終盤にそのことを理解したんだ。それは新たなチームへと向かう時であり、コーチングスタッフが自分にアジャストするまである程度の時間がかかるんだと思ったね」

 2015年のドラフト1巡目20位でトロント・ラプターズから指名されたライトは、最初の3シーズン半こそラプターズでプレーしたものの、そこからメンフィス・グリズリーズ、ダラス・マーベリックス、デトロイト・ピストンズ、サクラメント・キングス、ホークスと、4シーズンで計6チームを渡り歩いた。

 そんなライトの強みはサイズを生かしたディフェンス。昨季ウィザーズはディフェンシブ・レーティングでリーグ25位の113.6、オールスター後には同26位の118.3まで悪化したとあって、キャリア7年を誇るウイングディフェンダーの加入は大歓迎だろう。
 
 バックアップを務めることになるであろうエースのブラッドリー・ビールについては、共闘が「楽しみ」だと語った。

「彼はスコアラーではあるけど、ボールをパスするという意志も持ち合わせている。このポジションにはたくさんの選手がいて、彼らは皆スコアラーなんだけどね。僕は彼と一緒にプレーすること、敵として対戦しなくなることを楽しみにしているよ」

 ビールやクリスタプス・ポルジンギス、カイル・クーズマ、八村塁といった既存戦力に加えて、新たにライトやモンテ・モリス、ウィル・バートン、タージ・ギブソンといったベテランを獲得したウィザーズ。全体的な戦力は昨季からアップしたと言っていいだろう。

 キャリア7シーズンのうちプレーオフへ5度進出しているライトは、「このチームでまたプレーオフへ出場することを楽しみにしている」と意気込む。

 昨季イースタン・カンファレンス12位の35勝47敗(勝率42.7%)に終わったウィザーズが、どこまで順位を伸ばしてプレーオフ争いへ入り込めるか。そのカギを握る選手の1人はライトかもしれない。

文●秋山裕之(フリーライター)

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング