専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

【アジアカップ】バスケ日本、奮闘及ばず王者オーストラリアの前に散る。エース渡邊不在のなか富永啓生が33得点の大爆発<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2022.07.21

アジアカップ準々決勝でオーストラリアに敗れた日本。富永がゲームハイの33得点と奮闘するも、前回王者の牙城は崩せず。(C)Getty Images

アジアカップ準々決勝でオーストラリアに敗れた日本。富永がゲームハイの33得点と奮闘するも、前回王者の牙城は崩せず。(C)Getty Images

 7月21日、バスケットボール日本代表(FIBAランキング38位)が「FIBAアジアカップ2022」の準々決勝で前回王者のオーストラリア(同3位)と対戦し、85-99で敗戦。ベスト8で大会を終えた。

 日本は2日前のフィリピン戦で右足首を負傷した渡邊雄太が欠場。富樫勇樹、西田優大、エヴァンス ルーク、須田侑太郎の4人に張本天傑が先発でスタートした。

 序盤は富樫の3ポイントで幕を開けるも、相手の元NBA選手ソン・メイカーを中心とした高さに苦しみ早々に2桁ビハインド。途中出場から11得点をあげた富永啓生の活躍もあったが、22-33で第1クォーターを終える。
 
 第2クォーターも劣勢は続き、前半終了時点で34-49。それでも後半、日本はアジア王者に対して奮闘を見せる。

 第3クォーターはキャプテンの富樫がフローター、3ポイントでチームを勢いづけると、河村勇輝のアシストから富永の長距離砲が炸裂。第4クォーターの出だしには張本がメイカー相手に強烈なワンハンドダンクを叩き込み、会場を沸かせた。その後は最大21点差まで広げられるも、富永がハーフコート付近から放つ“ロゴスリー”を沈めるなど、一時9点差まで迫る粘りを披露した。

 健闘及ばず敗れた日本は富永がゲーム&代表キャリア最多の33得点(FG12/20、3ポイント8/15、フリースロー1/1)と大爆発。富樫が14得点、5アシスト、井上宗一郎が11得点、6リバウンド、河村が5得点、6アシスト、3スティールをマークした。3ポイントはチーム全体で43本中20本を沈め、成功率46.5%を記録したが、リバウンドで29-51と大きく差をつけられた。

構成●ダンクシュート編集部
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング