専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

俊英プールのウォリアーズ残留は金銭的に微妙?移籍先は「マジックが狙っている」とリーグ関係者が予想<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2022.08.15

ウォリアーズが今後も強豪でいるためには、プールはぜひとも引き止めたいところだが、はたして。(C)Getty Images

ウォリアーズが今後も強豪でいるためには、プールはぜひとも引き止めたいところだが、はたして。(C)Getty Images

 キャリア3年目となった2021-22シーズン、ゴールデンステイト・ウォリアーズのジョーダン・プールは、スコアラー兼プレーメーカーとして大ブレイクした。

 2019年のドラフト1巡目28位でウォリアーズから指名された193cm・87kgのガードは、76試合(うち先発は51試合)の出場で平均30.0分、18.5点、3.4リバウンド、4.0アシストに加え、92.5%でフリースロー成功率トップに。

 ウォリアーズ傘下のGリーグチーム、サンタクルーズ・ウォリアーズでもプレーしていた一昨季とは打って変わって、チームの主力としてステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、アンドリュー・ウィギンズらとともにオフェンスで重要な役割をこなす選手となった。

 自身初となったプレーオフでも、デンバー・ナゲッツとのファーストラウンド初戦で早速30得点を奪い、その後も29得点、27得点と爆発。シリーズ平均得点こそ、ラウンドが進むにつれて下降していったものの、ウォリアーズが4年ぶり7度目の優勝を飾る上で不可欠な戦力となったことは言うまでもない。
 
 ただ、ウォリアーズが今後もプールを契約下に置いておくことができるかは微妙。というのも、現地時間10月17日(日本時間18日、日付は以下同)までに延長契約を締結できなければ、今季終了後に制限付きFA(フリーエージェント)になるからだ。

 昨季終了後、地元メディア『The San Francisco Chronicle』のコナー・レトーノウ記者は、リーグの情報筋から得たものとして、ウォリアーズがプールを2023-24シーズン以降もキープするためには、4年総額でおよそ1億ドル(約133億円)が必要になってくると報道。年俸総額が跳ね上がっているウォリアーズが同額を提示できるかは微妙で、もし両者が期日までに合意に達しなければ、来夏に他チームから大型契約を提示される可能性が高い。

 そんななか、8月12日に『heavy.com』が、イースタン・カンファレンスに所属するチームのエグゼクティブ(匿名)のコメントを掲載。

「彼が制限付き(FA)になれば、私ならオファーする準備を整えている(オーランド)マジックに注意するだろう。ゴールデンステイトはその額にマッチできないからね」
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング