専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

昨季全休のザイオンを支えたのは日本の人気漫画!「常に自分を信じること。そうすればすべてがうまくいく」<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2022.08.16

ザイオンは今年4月にジョーダンブランドとのコラボシューズをリリースするなど“NARUTO愛”は深い。(C)Getty Images

ザイオンは今年4月にジョーダンブランドとのコラボシューズをリリースするなど“NARUTO愛”は深い。(C)Getty Images

 現地時間8月15日、ニューオリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンのインタビューが『GQ Magazine』へ掲載された。

 2019年のドラフトでペリカンズから1巡目全体1位で指名されたフォワードは、198㎝・128㎏の巨漢ながら超人的な身体能力を持ち、特に爆発的な跳躍力は必見。攻撃では強烈なダンクを炸裂させ、守備では豪快なブロックショットでボールを観客席へ飛ばしてファンを沸かせる。

 ただ、この体格が影響してケガもしやすく、昨季は右足の骨折からの回復が遅れて全休。今夏に5年1億9300万ドル(約256億6900万円)のMAX契約を締結したものの、地元メディア『nola.com』はザイオンが体重(ポンド計算)と体脂肪率(%)の合計が295を超えるとサラリーが減額されると報じており、今後キャリアで成功を収めるためにはコンディショニングが鍵を握っている。

 ザイオンはインタビューの中で、右足の骨折後にリハビリをこなしていた期間にいくつもフラストレーションがあったと振り返っていた。

「たくさんあった。ここで座ってそのことを説明することはできるけど、僕と同じように感じられる人は本当にいないんだ。僕は足を骨折し、不思議なことに治らなかった。傷ついたよ。バスケットボールというゲームが大好きだからね。でも自分の知らないところで、ある人たちから憎しみと痛みを感じていた」
 
 キャリア2シーズンで平均25.7点、7.0リバウンド、3.2アシストにフィールドゴール60.4%を残しているとはいえ、ザイオンはまだ22歳の若者。現在は再びコートへ戻るべく、必死にトレーニングを続けている。

 そんなザイオンを支えたのは、今年4月に自身がエンドースメント契約を結ぶジョーダンブランドとのコラボレーションが実現した『NARUTO(ナルト)』。日本の人気忍者漫画が彼にとって大きな存在になっていたという。

「世界中でなんて言われようと関係ない。僕は僕であり、自分に忠実であり続けるだけ。『Naruto』がそうだったように、僕もそうしていく」

 ザイオンは子どもの頃にアニメ好きになり、それは今でも変わらないという。「『NARUTO』のモットーは常に自分を信じること。そうすればすべてがうまくいく、というものでした」と自身のツイッターで綴っており、“NARUTO愛”は非常に深い。

 昨季の汚名返上をかけて迎える今季、ザイオンには自身の前に立ち塞がる相手選手をなぎ倒し、攻守両面で暴れ回ってほしいところだ。

文●秋山裕之(フリーライター)
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング