専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

“史上最高シューター”カリーの特異性を指揮官が熱弁「地球上のどんなこととも異なる」<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2022.11.25

自らゴールを奪う得点力はもちろん、カリーは敵を引きつける“引力”でチームに好影響を与える。(C)Getty Images

自らゴールを奪う得点力はもちろん、カリーは敵を引きつける“引力”でチームに好影響を与える。(C)Getty Images

 現地時間11月23日、ゴールデンステイト・ウォリアーズはホームのチェイス・センターでロサンゼルス・クリッパーズを124-107で下し、ここ9試合で6勝目をあげた。

 アンドリュー・ウィギンズがゲームハイかつ今季最多の31得点に4リバウンド、3スティール、ステフィン・カリーが22得点、6リバウンド、9アシスト、クレイ・トンプソンが18得点、2スティールをマーク。

 2桁得点はこの3選手のみながら、ドレイモンド・グリーンが9得点、7リバウンド、12アシスト、2スティール、ケボン・ルーニーが9得点、2スティール、2ブロック、ジョーダン・プールが8得点、5アシストを残すなど、それぞれが役割を果たし白星を掴んだ。

 昨季王者は開幕からアウェー8連敗を喫するなど苦しんだものの、20日のヒューストン・ロケッツ戦で敵地初勝利。冒頭のクリッパーズ戦を含めて9勝10敗(勝率47.4%)と復調気配を見せている。
 
 ウエスタン・カンファレンスでは現在11位ながら、今季のウエストは1位のフェニックス・サンズ(11勝6敗/勝率64.7%)から10位のダラス・マーベリックス(9勝8敗/勝率52.9%)まで、なんと10チームが2.0ゲーム差以内にひしめく大混戦。ウォリアーズもサンズまで3.0ゲーム差と、日々順位が入れ替わるデッドヒートとなっている。

 上位浮上を見据えるディフェンディング・チャンピオンを牽引するのは、キャリア14年目を迎えたカリーだ。今季はここまで平均31.6点、6.6リバウンド、7.2アシストの大活躍。加えてフィールドゴール成功率52.4%はキャリアハイ、3ポイント成功率44.4%(平均5.2本成功)はここ7シーズンで最も高く、フリースローも90.3%と相変わらずの超高精度を誇っている。

 ウォリアーズ在籍4シーズン目のウィギンズは、「彼はコート上で魔法のようなんだ」と、カリーの働きを称賛する。

「彼とプレーしていると、すべてのことを簡単にしてくれる。彼は相手の注意をたくさん引くから、僕らはシュートやプレーメークする準備をすればいい。それだけ彼は敵の注意を引きつけてくれる。そういう男なのさ」
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング