専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

八村塁のレイカーズ電撃移籍に米メディア反響止まず!「明確なニーズだ」低迷する名門を救う2つの武器とは――【NBA】

THE DIGEST編集部

2023.01.25

レイカーズ移籍が決まった八村。低迷する名門の救世主になれるのか、現地メディアでは期待の声が寄せられている。(C)Getty Images

レイカーズ移籍が決まった八村。低迷する名門の救世主になれるのか、現地メディアでは期待の声が寄せられている。(C)Getty Images

 日本の至宝に注がれる注目度は、いまだ止まない。

 現地時間1月23日、ロサンゼルス・レイカーズはワシントン・ウィザーズとのトレードでNBA史上3人目の日本人プレーヤー、八村塁を獲得したと発表した。ポイントガードのケンドリック・ナンと3つ(2023、28、29年)のドラフト2巡目指名権を放出してまで獲得にこぎつけたウエスタン・カンファレンスの名門は、来月で25歳になる日本人パワーフォワードに大きな期待をかけている。

 日本人プレーヤーがNBA史上最多17度の優勝を誇る名門に移籍して、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルックという3人のスーパースターと同じコートに立つ。こんな夢のような出来事を誰が予想しただろうか。八村のトレード決定は、いま現在も複数メディアで大きな反響を呼んでいる。

 米メディア『Cumberland Times-News』は「身長6フィート8インチ(203センチ)のハチムラはレイカーズにウイングディフェンスと3ポイントシュート能力を提供する。この2つは、デイビスが怪我で長期欠場している間、チームが(リーグ戦で)生き残るために戦う2つの明確なニーズである」と指摘しており、八村加入は現在22勝25敗(勝率46.8%)でウエスタン・カンファレンス12位に低迷するレイカーズにとって、チームの起爆剤になりえると言及している。

 事実、レイカーズは今シーズンの3ポイント成功率が非常に悪く33.7% に留まる。これはNBA のなかでも最下位にランクされている。対して八村は、昨シーズン44.7%をマーク。今シーズンは34.0%の成功率に留まっているが、同メディアは周囲のサポートによって得意とするキャッチ&シュートの場面が提供されるとし、巻き返しを図るレイカーズの救世主になれるのか注目されている。

 豊富なNBA情報を発信するカナダの大手メディア『TSN』も八村移籍のトピックを取り上げている。「24歳のルイ・ハチムラは2019年のNBAドラフト全体9位に指名されて以来、ウィザーズで4シーズン目を迎えている」と、これまでの経歴を振り返り「富山県出身の彼は、今季30試合に出場して平均13.0得点、4.3リバウンドと、4試合連続で二桁得点を記録している」と名門でのさらなる飛躍に期待をかけている。

 注目のデビュー戦は地元紙『Southern California News Group』のカイル・グーン記者によると、「LAへの移動、身体検査、その他移籍に伴うプロセスを経て、“最短で”水曜日の(サンアントニオ)スパーズ戦で出場できる」という。八村の新天地でのパフォーマンスに期待は高まるばかりだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「NBAを揺るがした」八村塁のトレードが米メディアを席巻!名門加入はメリット大と断言「レブロンらに次ぐ大きな存在になる」

【関連記事】「ハチムラを歓迎する」八村塁のトレードを米バスケ界のレジェンドも好評価! 期待込めた“金言”も「アグレッシブにプレーせよ」【NBA】

【関連記事】「くそったれ!」「冗談だと言ってよ」八村塁がレイカーズに電撃移籍!ウィザーズのファンからは怒りの声止まず【NBA】
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング