専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

2020年NBAドラフトの注目株。フランス期待のコンボガード、テオ・マレドンは第2のトニー・パーカーになれるか

小川由紀子

2020.01.13

視野の広さや恵まれたサイズ、ウイングスパンなど将来性抜群のマレドン。今年のドラフト上位指名候補の1人だ。(C)Getty Images

視野の広さや恵まれたサイズ、ウイングスパンなど将来性抜群のマレドン。今年のドラフト上位指名候補の1人だ。(C)Getty Images

 世界中からトッププレーヤーが集まるNBAは、誰もが認める世界最高峰の舞台だ。もちろん、ドラフトにもアメリカの大学出身者のみならず、各国から若き精鋭たちがエントリーする。2020年6月25日にブ...
 世界中からトッププレーヤーが集まるNBAは、誰もが認める世界最高峰の舞台だ。もちろん、ドラフトにもアメリカの大学出身者のみならず、各国から若き精鋭たちがエントリーする。2020年6月25日にブルックリンのバークレイズ・センターでその名を呼ばれるであろう、ヨーロッパで活躍する3人のヤングプレーヤーを、全3回に渡って紹介する。

   ◆    ◆    ◆

 第3回の最後に紹介するのはフランス出身の18歳、テオ・マレドン。オープンな味方を瞬時に見つける視野の広さと切れのあるパスワーク、鋭いドライブや205cmと身長(193cm)を上回るウイングスパンを生かした守備など、将来性にあふれたコンボガードだ。

 両親ともに元バスケットボール選手、叔父は指導者、姉はアメリカのサザンアーカンソー大でプレーする現役選手というバスケ一家に生まれたマレドンは、フランス北部の町ルーアンの地元クラブで3歳からプレーを始めた。
 
 フランスでは各競技の協会主導の下、それぞれの地域で将来性のある青少年を集めて「ポール」と呼ばれる養成所で一貫したプログラムに基づいた強化を行なう育成システムが確立している。地元クラブで目立っていたマレドンにも招待が届いたが、母親が反対したため14歳まで地元でプレーを続け、その後フランスが誇る国立エリート・アスリート養成所、INSEPに入所する道を選択した。

 INSEPのバスケ部門は、これまでトニー・パーカー(元サンアントニオ・スパーズほか)やボリス・ディーオウ(元サンアントニオ・スパーズほか)、エバン・フォーニエ(オーランド・マジック)ら、多くのスター選手を輩出してきた名門だ。そのINSEPが作成したビデオの中に、あと1か月で14歳になろうというマレドンが4日間のトライアルを受けた際のドキュメンタリー映像がある。

 母親に連れられて来たときの彼は、字幕がなければ聞き取れないほど小さな声で話す、マッチ棒のようにか細い少年だった。しかしコート上では、瞬発力やアジリティのテストなどで他の選手とは別クラスのキレを見せ、ミニゲームでは鮮やかな3ポイントを決めるなど、輝きを放っていた。
 
NEXT
PAGE
みるみるうちに成長を遂げ、16歳で母国の名門クラブとプロ契約

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング