専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

【NBA背番号外伝】最も有名なのは“奇才”ロッドマン! 名PGが愛用した「10番」を振り返る<DUNKSHOOT>

出野哲也

2021.09.17

 背番号10のPGはほかにも、73年に得点王とアシスト王の2冠に輝いたネイト・アーチボルドをはじめ、ケビン・ポーター、ノーム・ニクソン、ムーキー・ブレイロック、BJ・アームストロング、サム・キャセール、マイク・ビビーといった顔ぶれが揃う。ビビーは父ヘンリーも一時期10番だったが、その所以は10セント硬貨の別名であるダイムという単語に、アシストという意味があるからだった。

 ルイ・ダンピアーはABA時代に7度オールスターに出場。プロ入りから13番を愛用してきたスティーブ・ナッシュは、フェニックス・サンズからロサンゼルス・レイカーズに移籍した12年から10番に変更。彼の好きなサッカーに10番の名選手が多いことが理由だった。

 NBA創成期では、まずジョー・ファルクスの名前が挙がる。“ジャンピン・ジョー”と称された跳躍力を武器に得点を重ね、47年に初代得点王に。翌年そのタイトルを獲得したマックス・ザスロフスキーも背番号10だったが、当時は総得点でスタッツリーダーを決めており、平均1位はファルクスだった。

 50~60年代にシラキューズ・ナショナルズ(現シクサーズ)で活躍したジョニー・“レッド”カーは、844試合連続出場のリーグ記録(当時)を樹立し、引退後はブルズ戦の解説者に転身、75年から08年まで務めた。殿堂入りしているジャック・トワイマンは、ロチェスター・ロイヤルズ(現サクラメント・キングス)での最初の2年が10番。チームがシンシナティに本拠地を移したあとの58年に背番号27に変更し、この番号で欠番になっている。
 
 シューターではドン・オール、エイドリアン・スミス、ボブ・ダンドリッジ、オーティス・バードソングも印象深い。83年に3ポイント成功率でリーグトップとなったマイク・ダンリービー・シニア、さらに息子のジュニアもプロ1年目は10番だった。

 現役のエリック・ゴードン(ヒューストン・ロケッツ)、エバン・フォーニエもこの系統。オーランド・マジック時代に10番で活躍したフォーニエは、来季はニックスで13番を着ける。トロント・ラプターズとスパーズでずっと10番だったデマー・デローザンも、ブルズへ移籍したので11番に変更した。

 ガードに有能な人材が揃う一方で、フォワード/センターでは大物が少なく、ロッドマン以外には前述のラブくらい。ブルズ時代に6年連続平均20点以上、3年連続オールスターに選ばれ、ジェリー・スローン、マイケル・ジョーダン、スコッティ・ピッペンとともに、同球団で4人しかいない欠番の1人になっている。

 スーダン出身で、NBA史上最も背の高いマヌート・ボル(231センチ)は、ブレッツをはじめ3球団で10番を背負い、86、89年にブロック王に輝いた。NBAで10年間プレーしたが、2010年に47歳で死去。葬儀が午前10時に行なわれるなど、最後まで10という数字に縁があった。息子のボル・ボルも現在デンバー・ナゲッツで背番号10を受け継いでいる。

文●出野哲也
※『ダンクシュート』2015年4月号掲載原稿に加筆・修正

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング