専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

ジョーダン、レブロン、シャック――NBAスターたちのシーズン最多敗戦数を紹介【Part.2】<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2022.05.12

■ドゥエイン・ウェイド(元マイアミ・ヒート)41敗
 2006年にヒートを球団初優勝に導いたウェイドだが、そのわずか2年後の2007-08シーズンはケガで51試合の出場にとどまり、10勝41敗(チームは15勝67敗)と惨敗。相棒のシャキール・オニール(シャック)はシーズン途中で退団、チーム全体でも故障者が続出し、キャリアワーストの1年を過ごした。

■シャキール・オニール(元オーランド・マジック)40敗
 ここまで紹介した多くのスター選手がそうだったように、シャックもルーキー時代(1992-93)のもの。プレーオフには惜しくも届かなかったものの、前年から+20勝(21→41)。平均23.4点、13.9リバウンド、3.5ブロックとルーキー離れした数字を残し、ドアマットチームだったマジックを浮上させた。
 
 そのほか、史上最高の2番手と言われるスコッティ・ピッペンは、相棒のジョーダン不在だった1994-95シーズンの33敗、サンアントニオ・スパーズを5度の頂点に導いたティム・ダンカンと、ボストン・セルティックスで11度の頂点に立ったビル・ラッセルはともに31敗(前者は2009-10、後者は1968-69シーズン)という結果に。

 1980年代にファイナルで名勝負を繰り広げたラリー・バードは28敗(1989-90)、マジック・ジョンソンは23敗(1981-82&1988-89)といずれも30敗以下だった。

構成●ダンクシュート編集部
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング