専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

NBA通算得点1位のジャバーが現在のリーグに言及「まるで3ポイントコンテストみたいだ」<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2022.06.23

「それはよくないな。有能な3ポイントシューターたちがいたら、1試合で10本もの3ポイントが決まっていたかもしれないからね。今では1つのクォーターだけで10本の3ポイントが飛び交っている。これじゃまるで3ポイントコンテストみたいだ」

 79-80シーズンのリーグ全体の平均3ポイント成功数はわずか0.8本。ジャバーの現役最終年である88-89シーズンでも2.1本に過ぎず、当時はペイントエリアやミドルレンジが主戦場だった。
 
 それが今ではパワーフォワードやセンターが3ポイントを決めるのは当たり前で、今季の平均成功数は12.4本。17-18シーズンからは5年連続で平均2桁、ここ3シーズンはいずれも平均12本超えと、その本数は増え続ける一方だ。ペイントエリアの攻防が中心だった時代にプレーしていたジャバーとしては、現代のスタイルはどうしても違和感があるのだろう。

 だがリーグは変化を続けていく。来季中にはレブロンがレギュラーシーズンの通算得点で歴代トップに立つだろう。かといって、ジャバーが残してきた数々のレガシーが色褪せることはない。

文●秋山裕之(フリーライター)
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング