専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
Jリーグ・国内

「点を取り切りたかった…」無得点で開幕ドロー発進の川崎。主将・谷口彰悟は悔しさを露わに

サッカーダイジェスト編集部

2020.02.22

今季からキャプテンに就任した谷口。最後の局面で決め切れない悔しさを口にした。(C)SOCCER DIGEST

今季からキャプテンに就任した谷口。最後の局面で決め切れない悔しさを口にした。(C)SOCCER DIGEST

 2月22日に、2020シーズンのJ1リーグ開幕戦4試合が各地で開催された。等々力陸上競技場で行なわれた川崎対鳥栖の一戦では、お互いにネットを揺らせず、スコアレスドローとなった。  川崎は立ち上が...
 2月22日に、2020シーズンのJ1リーグ開幕戦4試合が各地で開催された。等々力陸上競技場で行なわれた川崎対鳥栖の一戦では、お互いにネットを揺らせず、スコアレスドローとなった。

 川崎は立ち上がりから、持ち前のポゼッションサッカーで終始ゲームの主導権を握り、試合を有利に進めた。中央突破やサイド攻撃を的確に使い分けて相手ゴールに迫り、何度も決定機を創出したが先制点が遠く、結局最後までスコアを動かすことが出来ずに開幕戦を終えた。

 今シーズンから新たにキャプテンに就任した守備の要である谷口彰悟は、試合後のフラッシュインタビューに応え、悔しさを露わにした。

「やっぱり点を取り切りたかったですね。勝ち切れる展開になっていたので、そこで取れないのが自分たちの甘さというか、これを次に繋げていかないと意味がないので、しっかり教訓にして次頑張りたいです」
 
 川崎は今年、新チームのテーマを「継続と育成」と掲げ、5名のルーキーを加えて若返りを図った。この試合でも大卒加入の三笘薫、旗手怜央を後半途中から投入。試合終盤には、このふたりが積極的にシュートを放つなど積極性を見せ、猛攻を仕掛けた。しかしネットを揺らすことは出来なかった。

「取った後にすばやく攻めるところとか、出来ていた部分はあったんですけど、そこの最後の精度、クロスだったりシュートだったりのクオリティが今日は足らなかったかなと思います」

 谷口の言う通り、過程ではなく結果が求められる世界。昨シーズンも引き分けの多さが響き、3連覇を逃した。とはいえ、今シーズンは始まったばかりだ。次節以降は引き分けを極力減らして、着実に白星を重ねたい。

「またすぐ試合が来るので、いちいち一喜一憂していないで、また切り替えて次もホームで出来るので、次こそは勝ちたいと思います」

 覇権奪還へ。次戦は29日に再びホーム・等々力陸上競技場で札幌を迎える。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
NEXT
PAGE
【動画】開幕戦で見せたレアンドロ・ダミアンの強烈ボレーシュート!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング