専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
Jリーグ・国内

今季のJ1を盛り上げるのはこの男だ!期待のタレントを厳選紹介

サッカーダイジェスト編集部

2020.02.19

昌子源(左)、オナイウ阿道(左中)、アダイウトン(右中)、阿部浩之(右)。写真:THE DIGEST写真部

昌子源(左)、オナイウ阿道(左中)、アダイウトン(右中)、阿部浩之(右)。写真:THE DIGEST写真部

 今季のJリーグを盛り上げてくれるであろう期待のタレントを編集部が厳選して紹介!日本復帰が決まった昌子や、チャンピオンチームの横浜へ移籍したオナイウら新戦力はもちろん、売り出し中のルーキー、新キ...
 今季のJリーグを盛り上げてくれるであろう期待のタレントを編集部が厳選して紹介!日本復帰が決まった昌子や、チャンピオンチームの横浜へ移籍したオナイウら新戦力はもちろん、売り出し中のルーキー、新キャプテンら気になる人材をピックアップする。

昌子源(G大阪/DF)
1992年12月11日生まれ/182センチ・76キロ
昨季1試合・0得点(トゥールーズ/フランス)
“古巣”の大きな戦力に
 Jrユース時代を過ごしたG大阪に電撃移籍。欧州のトップレベルで揉まれて成長したCBは、“古巣”の大きな戦力となるはずだ。カバーリングや対人守備などDFとしてのスキルはもちろん、鹿島で何度も味わった優勝の経験もチームにポジティブな影響をもたらすだろう。タイトルから遠ざかっているガンバを頂点に導けるか。

オナイウ阿道(横浜/FW)
1995年11月8日生まれ/180センチ・75キロ
昨季31試合・10得点(大分)
ゴール量産を誓う新CF
 一昨季はJ2山口で22得点、昨季はJ1大分で10得点と着実に実績を積み上げてきたCFは今季、チャンピオンチームに新天地を求めた。熾烈なレギュラー争いが待ち受けるが、「自分の良さを活かして、結果を残せるように」と自信を漲らせる。期待されるのは二桁得点。本人は「もっと取れるところを見せたい」と意欲満々だ。
 
アダイウトン(FC東京/MF)
1990年12月6日生まれ/178センチ・83キロ
昨季33試合・7得点(磐田)
新たな次元に導く切り札
 FC東京が2-0で勝利したACLプレーオフのセレス・ネグロス戦(1月28日)では、最悪のピッチコンディションながらも重戦車のようなドリブルでチャンスを作り出し、さらに絶妙ループでゴールまで決めてみせた。“柔”と“剛”を備えたアタッカーは青赤軍団を新たな次元に導く、すなわちJ1制覇達成への切り札的存在だ。

阿部浩之(名古屋/MF)
1989年7月5日生まれ/170センチ・68キロ
昨季23試合・7得点(川崎)
優勝請負人の真価発揮なるか
 本人は「周囲が言っているだけ」とどこ吹く風だが、G大阪と川崎では計7個の主要タイトルを獲得してきた、まさに“優勝請負人”だ。自身3クラブ目の名古屋ではトップ下として攻撃を牽引しそうで、その経験値をチームに還元したい。新天地でも彼の頭上には栄冠が輝くのか要注目だ。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング