専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

【夏の移籍を超先取り展望】ユベントスがCL制覇を見据えてネイマールやポグバに触手?

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020.03.29

ユベントスの基本フォーメーション。(C)Getty Images

ユベントスの基本フォーメーション。(C)Getty Images

■CL制覇を狙うには前線のテコ入れが不可欠だ  今シーズンのユベントスは例年と比べて取りこぼしが多い。サッリ政権1年目ゆえのいわば“生みの苦しみ”だ。それで...
■CL制覇を狙うには前線のテコ入れが不可欠だ

 今シーズンのユベントスは例年と比べて取りこぼしが多い。サッリ政権1年目ゆえのいわば“生みの苦しみ”だ。それでも26節を終えてセリエAは単独首位で、陣容に大きな不足があるわけではない。 

 とはいえ、CL制覇を狙うなら20年夏のベースアップは不可欠。最重要の強化ポイントは前線だ。4-3-1-2のトップ下でベルナルデスキとラムジーが期待を裏切り、後半戦になって再び基本システムとなった4-3-3を前提に考えれば、質も量も物足りない。一時期の退団説は沈静化したとはいえ、C・ロナウドはすでに35歳。昨夏も売りに出した主役になりきれないディバラやイグアイン、怪我続きのD・コスタなどを換金要員に、ネイマールら一線級を狙う。 

 また、技術的なクオリティーが不足する中盤は、ポグバの復帰に前向きな姿勢。GKはドンナルンマが獲れるなら躊躇しないだろう。一方、今夏で契約切れのキエッリーニ、ブッフォンとは契約延長し、ロッカールームのリーダーシップを担保したい考えだ。
 
◆最重要強化ポイント:ポスト・ロナウド時代も見据えたアタッカー

 夢はネイマールだ。本人がバルサ復帰を望んでいるのは周知の通りだが、その古巣はラウタロ獲りを優先。ユーベにもチャンスはあるだろう。C・ロナウドをCFに回せば2大スターの共存は可能だ。ポスト・イグアインになりうるG・ジェズスは、マンCのCL出場停止が正式決定すれば獲得に動くか。キエーザはD・コスタの後釜に打って付けのドリブラーで、昨夏に続いて引き抜きにチャレンジする。

◆強化ポイント2:インサイドハーフ/レジスタの一線級&若手

 ポグバ本人は帰還を望んでおり、戦力的にはもちろんプラスになる。ただし、移籍金、年俸、代理人ライオラへの手数料など安い買い物ではなく、例えばネイマールとのダブル獲りはさすがに非現実的。予算バランス次第だろう。次善の策は、タイプが近いミリンコビッチ=サビッチだ。ピャニッチの代役が実質不在のレジスタには、トナーリにロカテッリと国産の若手逸材を狙う。

◆強化ポイント3:シュチェスニー売却を決断しうる若き大物守護神

 現守護神のシュチェスニーとは2月11日に24年まで延長したが、より若くスター性もあるドンナルンマが市場に出れば獲得に動く構えだ。ただ、ミラン愛が極めて強い本人が、国内移籍を受け入れるかは不透明。また、ライバルはパリSGとマドリーで、移籍金と年俸のマネーゲームになればユーベは分が悪い。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

※『ワールドサッカーダイジェスト』2020年3月19日号より転載
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング