専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
Jリーグ・国内

プロ15年目の内田篤人が見せるベテランの矜持とルーキー荒木遼太郎に寄せる期待

小室功

2020.03.19

ルーキーイヤーに開幕戦出場という共通点を持つ荒木(左)と内田(右)。写真:サッカーダイジェスト写真部

ルーキーイヤーに開幕戦出場という共通点を持つ荒木(左)と内田(右)。写真:サッカーダイジェスト写真部

 プロ15年目の内田篤人とプロ1年目の荒木遼太郎には、ひとつの共通点がある。  それは高卒ルーキーとしてJリーグの開幕戦に出場したことだ。内田はスタメン、荒木は途中出場という違いはあるものの、対戦...
 プロ15年目の内田篤人とプロ1年目の荒木遼太郎には、ひとつの共通点がある。

 それは高卒ルーキーとしてJリーグの開幕戦に出場したことだ。内田はスタメン、荒木は途中出場という違いはあるものの、対戦相手が同じ広島で、同じアウェーのスタジアムという奇遇も重なる。

 2006年3月5日、その4日前に清水東高の卒業式を終えたばかりの内田は、広島ビッグアーチ(現・エディオンスタジアム広島)のピッチに立っていた。17歳11か月6日――。背番号20のユニホームを身にまとう初々しい姿がそこにあった。

 鹿島のクラブ史上、高卒ルーキーがJリーグの開幕スタメンの座を勝ち取ったのは現時点に至るまで内田ただひとりである。

「緊張しまくった。チームの迷惑にならないようにプレーしたかったけれど、ミスが多すぎた」と、試合後、反省の弁を述べていたが、積極的にサイドを駆け上がり、22分にPKを誘発。先制ゴールのきっかけを作った。
 
 試合は激しい点の取り合いの末、4-3で鹿島が勝利を収める。ルーキーにはあまりにも濃密すぎる90分。その戦いを終え、精根尽き果てたかのような内田の表情が印象的だった。
 
 あれから14年の歳月が流れた今年の2月23日、ザーゴ新監督に率いられた鹿島はアウェーの地、広島に乗り込み、Jリーグ開幕戦を迎えた。

 前半のうちに2点のリードを許す苦しい展開のなか、60分に投入されたのが荒木だった。東福岡高の卒業式を1週間後に控えていたので、正しくは高卒ルーキーではなく、高校在学中ルーキーになるわけだが、そんな話はともかく、スキルフルで、小気味のいいプレーで存在感を示した。

 試合終了間際に3点目を奪われ、鹿島は一矢報いるどころか、完敗を喫してしまったが、ザーゴ監督は「右サイドの攻撃を活性化してくれた」と、荒木の溌溂としたパフォーマンスに及第点を与えている。

 可能性を秘めた新星の出現はチームに希望をもたらす。それはいつの時代も変わらない。

 日増しに評価を高める荒木の姿を、すっかりベテランの域に入ってきた内田が温かく見守っている。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング