専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

南野拓実、加入1年後の「最大の前進」を現地紙が評価!元イングランド代表MFが挙げた「完璧な選手になれる」条件とは

THE DIGEST編集部

2020.12.24

現地メディアは、南野が初ゴールを挙げたクリスタル・パレス戦のパフォーマンスを「これまでで最大の前進」と称えた。(C)Getty Images

現地メディアは、南野が初ゴールを挙げたクリスタル・パレス戦のパフォーマンスを「これまでで最大の前進」と称えた。(C)Getty Images

 今年1月にオーストリアのザルツブルクからリバプールに加入した南野拓実は、12月19日に行なわれたプレミアリーグ第14節のクリスタル・パレス戦で開始3分にゴールを決め、待望のリーグ初得点を記録した。

 ひとつの高みに到達しただけでなく、試合全体のパフォーマンスも非常に良く、「加入以来ベスト」と評価する声も少なくない。そして多くの現地メディアが、ここまでの彼の辛抱強い歩みを称賛し、今後の飛躍に期待を寄せるようになっている。

 リバプールの地元紙『Liverpool Echo』もそのひとつだが、同メディアは「南野はリバプール加入以降、熱望していたビッグチャンスを手にした」と題した記事の中で、ピッチ内外での彼の「1年」を振り返っている。

 ここでは、加入間もない頃、ユルゲン・クロップ監督から「好きなようプレーしていい。プレーを楽しめ」と言われたこと、英語が喋れないため、ザルツブルクに在籍したことがあるサディオ・マネとナビ・ケイタの世話を受け、チームのルールなど様々なことを教わったことを、南野自身が語っており、クラブの体制は万全だったことが綴られた。
 
 着実に歩んでいた「大阪生まれのFW」だが、サッカー界はコロナ禍によって3月中旬に全ての活動がストップ。同メディアは、「チームの中で最も大きな影響を受けた選手だろう」とし、「言葉が不十分な状態でひとりアパートで過ごすことは、日本の家族から6000マイル離れた25歳の青年にとっては大変なことだっただろう」と気遣った。

 その間にリバプールの街を散策し、この地の文化に浸り続けたという南野は、迎えた勝負の2シーズン目での飛躍を誓うも、モハメド・サラー、マネ、ロベルト・フィルミーノの「フロントスリー」に加え、新加入のディオゴ・ジョッタの存在によって、アンフィールドでその力を発揮する機会が極めて限られたが、怪我人の続出でチャンスを得、これを活かした。

 同メディアは「用途の広いFWであり、これまでの29試合でも散発的にクオリティーの高さを示したが、真に“着火”するまでには至らなかった」と、これまでの南野を評するとともに、クリスタル・パレス戦で見せたゴールを含む彼のパフォーマンスは、「これまでで最大の前進」だったという。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング