専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

南野拓実の「プレミア初ゴール」を指揮官も現地メディアも高評価!一方で“ダメ出し”を忘れなかったのは…

THE DIGEST編集部

2020.12.20

南野は会心のプレミア初ゴールに全力で雄叫びを挙げた。(C)Getty Images

南野は会心のプレミア初ゴールに全力で雄叫びを挙げた。(C)Getty Images

 12月19日、リバプールはプレミアリーグ第14節で、クリスタルパレスに7-0の大勝を飾った。

 イングランドのトップリーグにおけるアウェーマッチとしては、チーム史上最多となる得点差での勝利を飾って首位を堅持したプレミア王者だが、そのゴールラッシュの口火を切る先制弾を挙げたのは、リーグでは今季2度目の先発出場を果たした南野拓実だった。

 前線左サイドで試合開始を迎えた彼は、それからわずか3分、ゴール前でサディオ・マネのパスを受けると、マーカーをかわして冷静に右足を振り抜き、ゴール左隅に叩き込む。今年1月のリバプール加入した25歳の日本人が、ついにプレミアリーグ初ゴールを決めた瞬間だった。
 
 日本人としては7人目となる「高みへの到達」に、ユルゲン・クロップ監督は「タキはトップレベルのプレーを見せ、フィニッシュも良かった。ロッカールームでの彼を見たが、満面の笑顔を抑えきれないという感じで、とても良い瞬間だった。タキはとても素晴らしい位置にいて、我々を助けてくれる」と褒め称えている。

 南野本人もSNSを更新。自身のゴールの写真を何枚も公開し、英語で「なんという素晴らしい今日のチームパフォーマンス! 我々は進み続ける」とメッセージを添えた。

 南野については、ここまで厳しい論調の方が多かった現地メディアも、今回は軒並み高評価。地元紙『Liverpool Echo』は「非常に上手くプレミア初ゴールを決め、プレッシングでは相手の脅威に。後半は全てを掴んでいた。動きも活発だった」と評している。

 やはりほとんどのメディアが初ゴールに言及し、全国紙『Daily Mirror』は「記憶に残る1日になった」と寸評で綴り、『Daily STAR』は「モハメド・サラーを休息させるために抜擢された試合で、南野は今後のために良いパフォーマンスを見せる必要があったが、果たせるかな、まさにそれを実現し、わずか3分でターンから良いゴールを決めた」と称賛した。

 英国のスポーツメディア『90min』はゴールの他、「後半はサイドから大きなチャンスを演出。これまでのリバプールのユニホームを着てのプレーで、最高のものだった」と褒めちぎっている。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング