専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

久保建英のレンタルを躊躇するマドリー。“有力候補”のマジョルカが「プランB」を発動か

THE DIGEST編集部

2021.06.21

今夏の五輪に挑む久保のレンタル先は、どのクラブになるのだろうか。(C)Getty Images

今夏の五輪に挑む久保のレンタル先は、どのクラブになるのだろうか。(C)Getty Images

 久保建英の去就については、各国の多くのメディアが新シーズンもレンタルプレーヤーとしてのキャリアを継続すると予想している。

 スポーツ紙『AS』は、マドリーがレンタル選手を含めた現有戦力において、右アタッカーが6人もいることを特集。マルコ・アセンシオ、ロドリゴ、ルーカス・バスケス、ガレス・ベイル、ブラヒム・ディアス、そして久保を擁した「オーバーブッキング」状態であると報じているが、ブラヒムがミランへの滞在を延長することとともに、20歳の日本人は「マドリーから離れて進化を続ける必要がある」という“原則”の下、2019-20シーズンに力を発揮したマジョルカへ復帰する可能性があると綴った。

 他メディアも、ベティス、エスパニョールとともに、このバレアレス諸島のクラブが有力な新天地候補であるとしており、『AS』は以前に「久保自身もこのオプション」を気に入っていると報道。しかし、マドリーの専門メディアは、このクラブのレジェンドであるミチェルが新監督に就任したヘタフェでのレンタル継続を希望していると伝えていた。

 専門メディア『EL GOL DIGITAL』もやはり、マドリーが長期的なプランの下で重要な戦力と考えている久保を、できるだけ近い場所に置いておきたいという考えによって、マジョルカへの貸与に躊躇して、彼の行き先を決定できずいると報じている。

 そして、これに対してマジョルカは「プランB」を発動し、セルタのエムレ・モルの獲得に動くという。デンマーク生まれのトルコ人であり、ドルトムントでは香川真司のチームメイトでもあった「トルコのメッシ」と呼ばれるアタッカーへの関心を示すことで、マドリーの決断を急がせる意図であると同メディアは記述。さらに、マドリーはこれによってマジョルカのオファーを受け入れるだろうとしている。
 
 以前からマヌエル・ペレグリーニ監督が久保を高く評価して獲得を希望し、来季はヨーロッパリーグ出場権を得たことで多くの試合を戦うことになると思われるベティス、マジョルカ時代に久保を指導したビセンテ・モレノが率いるエスパニョール、さらにアラベス、グラナダ、エルチェも関心を寄せていると言われる中で、昇格したラ・リーガへの定着を目指して本格的なチーム強化に着手するという古巣が、2年ぶりとなる逸材の帰還を実現させるのだろうか。

 久保については、リオネル・メッシの母国であるアルゼンチンの日刊紙『Clarin』が、「日本のメッシ」と呼ばれる20歳に注目し、そのプロフィールを改めて紹介し、いかに神童として期待を集める存在であるかを強調した後、「バルセロナとマドリーに所属したものの、現在はプレーするクラブが決まっていない」と現状を伝え、やはり前述の3クラブを有力な新天地候補として挙げた。

 また、同メディアは東京オリンピックの日本代表としての久保にも注目。先日のジャマイカ戦での4人連続股抜きシュートなどに焦点を当て、若手の「バロンドール」ともいわれる「ゴールデンボーイ」賞の候補に今年もノミネートされた彼が、「東京五輪で好プレーを見せることによって、欧州のメジャークラブの興味を再び喚起するかもしれない」と綴っている。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】久保建英がジャマイカ守備陣を翻弄!衝撃の先制弾はこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング