専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

ミランとの激闘で「美しいアシスト」のオリギに賛辞続々! 南野拓実は地元メディアの“期待”に反して未出場を継続

THE DIGEST編集部

2021.09.16

リバプールで出場機会を得られていない南野。地元メディアからの期待は高いが……。(C)Getty Images

リバプールで出場機会を得られていない南野。地元メディアからの期待は高いが……。(C)Getty Images

 今週からチャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージが開幕。9月15日(現地時間)には、本拠地アンフィールドでミランに勝利したリバプールが3-2で逆転勝利を収めた。
【動画】サラーのゴラッソを呼び込んだ華麗なアシスト!オリギのプレーをチェック

 序盤から圧倒的な攻勢に立ったレッズ(リバプールの愛称)は、9分にフィカヨ・トモリのオウンゴールで先制するが、その後は苦戦を余儀なくされる。そして22分にアンテ・レビッチに同点、44分にブラヒム・ディアスにわずかなチャンスを活かされ、逆転ゴールを決められてしまう。

 苦境に立たされたホームチームだったが、後半開始間もない49分にモハメド・サラーの一撃で追いつくと、69分にジョーダン・ヘンダーソンがルーズボールをダイレクトで叩いてゴール左隅に突き刺した。

 キャプテンの渾身の決勝点で、「スリリングな戦い」(リバプール地元紙『Liverpool Echo』より)を制したレッズ。試合後にはユルゲン・クロップ監督が「素晴らしい試合だ。非常にエキサイティングで、面白い試合だった」と満足感を示した。

 さてこの90分間で、アンフィールドの5万人超のファンが目を見張った瞬間が、49分のサラーの同点ゴールだ。瞬時の抜け出しと、器用なシュートを放ったエースはもちろん見事だったが、その彼にテクニカルな浮き球のラストパスを送ったのが、この試合でスタメンに抜擢されたディボック・オリギだった。
 
 昨季から売却の噂が付きまとっているベルギー代表は、ロベルト・フィルミーノ、ハーベイ・エリオットの負傷欠場を受けてCFに抜擢。1点を追う後半のホームチームに勢いをもたらすアシストを決め、チームの勝利に貢献を果たしたのである。

 開幕後もネガティブな評価が定着していたオリギだが、今回はファンから賛辞が寄せられており、それに『Liverpool Echo』や日刊紙『EXPRESS』も注目。SNSで「彼のアシストを孫に見せて、これが“リバウド”だと教えよう」「彼のプレーについてネガティブなことは何もなかった」といったポジティブな声が目立ったという。

 しかし、彼が前半に得点機を逸したプレーや、63分に足を攣りサディオ・マネと交代した点に対して極端な意見がないわけではない。とはいえ、クロップ監督も「ディボックは本当に信じられないほどのストライカーで、本当に良くプレーしてくれた。人々は彼がどれだけ優れているか忘れている」と語っており、オリギが評価を上げたのは間違いない。

 かたや南野拓実はベンチには入ったものの、今回も出番はなかった。試合前に期待値が全くなかったわけではない。『Liverpool Echo』は、守備に難のあるミランの左SBテオ・エルナンデスを考慮して後半途中に動きが機敏でサイドで効果的なプレーができる南野が投入される可能性を示唆。さらに英専門メディア『HITC』も「フィルミーノの穴を埋めるためにクロップ監督は南野の起用を好むかもしれない」と記していた。

 結局、日本代表FWが今季初めてピッチに立つ機会は巡ってこなかった。もっとも、代表ウィーク中に左大腿部を傷め、14日にようやくチーム練習に復帰したばかりだった点を考慮する必要はある。南野のリバプールにおける立場や序列がどのようなものなのかを判断できるのは、もう少し先かもしれない。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】サラーのゴラッソを呼び込んだ華麗なアシスト!オリギのプレーをチェック

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング