専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

「キョウゴは最高級だ」圧巻の2ゴールを決めた古橋亨梧を英メディアが大絶賛! 同僚も「仕事が楽になる」とべた褒め

THE DIGEST編集部

2021.11.08

今季13発目となる2ゴールを決めてチームの勝利を呼び寄せた古橋。そのパフォーマンスに賛辞が相次いだ。(C)Getty Images

今季13発目となる2ゴールを決めてチームの勝利を呼び寄せた古橋。そのパフォーマンスに賛辞が相次いだ。(C)Getty Images

 圧巻のゴールラッシュだ。

 11月7日に開催されたスコットランド・リーグ第13節で、セルティックに所属する古橋亨梧は、敵地でのダンディーFC戦に先発出場。値千金の2ゴールを決め、チームの快勝に貢献した。
【動画】チームメイトが「最高だった」と絶賛した古橋の豪快ヘディング弾!

 1トップでスタメン起用された古橋が最初の見せ場を作ったのは、セルティックが1点をリードして迎えた20分だ。敵陣の右サイドをえぐったアンソニー・ラルストンが送ったクロスに頭で合わせて、ゴールにねじ込んだ。

 圧巻の一撃で勢いに乗ったナンバー8は、3-1とリードしていた50分にふたたび輝きを放つ。左サイドで突破したジョタの折り返しをダイレクトで左足を振りぬき、ゴールを射抜いたのである。

 第2節の対戦でハットトリックを決めた“お得意様”を相手に2ゴールを叩き出した古橋は、これで公式戦18試合13発。国内リーグ戦では7点目となり、リーグトップタイに立ったのである。

 接触プレーで左肩付近を痛めて61分にベンチに退いた日本代表FWだが、その出色のパフォーマンスには、地元メディアからも賛辞が止まらない。
 
 英公共放送『BBC』のスコットランド版で解説者を務める元スコットランド代表FWスティーブン・トンプソン氏は、「キョウゴの動きは最高級のそれだ。とくに1点目はクロスも良かったが、キョウゴの動き出しとタイミングが圧巻だった。ジャンプと打点、このヘッドは本当にお見事だ」とべた褒め。その1点目を絶妙なクロスでアシストしたラルストンは、英衛星放送『Sky Sports』のフラッシュインタビューで、26歳の日本人FWをこう評した。

「キョウゴのおかげで僕らは仕事が楽になる。僕の仕事は守ることだけど、ああやって攻撃的な面で貢献できることは僕も嬉しいんだ。とくに1点目はキョウゴの動き出しが最高だったから、楽にアシストできた」

 チームメイトだけでなく、手厳しい識者からも絶賛された古橋。怪我の具合は気になるところだが、来る11月の代表シリーズに向け、状態はすこぶる良いと言えそうだ。

構成●THE DIGEST編集部
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング