専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

「わずか1ゴールしか奪えなかった」日本の辛勝にベトナム紙が見解。豪州紙は「ギャップを埋めてきた」と危機感

THE DIGEST編集部

2021.11.12

格下相手に1ゴールしか奪えなかった日本代表への風当たりは強まる一方だ。(C)Getty Images

格下相手に1ゴールしか奪えなかった日本代表への風当たりは強まる一方だ。(C)Getty Images

 11月11日、カタール・ワールドカップのアジア最終予選が行なわれ、グループBでは日本代表がベトナム代表を1-0で下し、通算勝点を9に伸ばして3位に浮上した。

 敵地ハノイでの一戦とはいえ、最下位チーム相手には可能な限り多くのゴールが求められていた日本は、序盤からチャンスを作る。17分には南野拓実が左サイドからドリブルで持ち込んでクロスを上げ、これを伊東純也が押し込んで先制。さらに攻勢のまま迎えた40分、カウンターから伊東が左サイドをドリブルで侵攻し、カットインからニアに強烈なシュートを突き刺して加点したかと思われたが、VARの結果、軌道上にいた田中碧がオフサイドを取られて無効となった。

 後半も再三ベトナム・ゴールに迫るも、ネットが揺れることはなく、1点止まりで戦いを終えた日本。ライバルのサウジアラビア(首位)とオーストラリア(2位)が直接対決で引き分けた(0-0)ことで、勝点差は縮まった(オーストラリアとは1差)が、今後も厳しい戦いが続くことを考えると、物足りなさの残る90分間となってしまった。
 
 AFC(アジア・サッカー連盟)は公式サイトで「日本はベトナムを下し、予選突破への道に留まり続けた」「ミーディン・スタジアムで試合開始から主導権を握り、イトウの代表6点目となるゴールで先制したが、後半はスコアに変化がないまま2連勝を飾り、2位のオーストラリアに勝点1差に迫った」と報じたが、5連敗となったホームチームの攻撃についても幾度か言及したことで、ベトナムの総合ニュースサイト『VietnamPlus』は「AFCは日本戦でのベトナムの努力を称賛した」と伝えている。

 また、現地新聞『VnExpress』は「日本はベトナムの2倍のボールポゼッション(67%)で試合を支配し、シュート数でも13本とホームチーム(6本)を大きく上回ったが、ベトナムの堅実な守備に対してはわずか1つのゴールしか奪えなかった」と綴った。

 同じグループBのライバル国では、オーストラリアの日刊紙『THE AGE』は「日本がギャップを埋めてきている。最終予選のスタートは非常に貧弱だったものの、前節の我々との直接対決に続き、ベトナム戦でも勝利を飾ったことにより、すぐ後ろに迫ってきた」と報じ、サウジ戦で負傷退場した自国のCBハリー・サウターの容態を案ずるとともに、今後への危機感を窺わせている。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング