専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

南野拓実は「今冬の放出の可能性は低い」――海外メディアが苦しむ日本代表戦士にサラーらの“穴埋め”に期待

THE DIGEST編集部

2021.12.29

アフリカネーションズ・カップで離脱するサラー(11番)やマネ(左)の穴埋め役として、南野にかかる期待は小さくない。(C)Getty Images

アフリカネーションズ・カップで離脱するサラー(11番)やマネ(左)の穴埋め役として、南野にかかる期待は小さくない。(C)Getty Images

 現地時間12月28日、プレミアリーグ第20節でレスターと対戦したリバプールは、0-1で8試合ぶりの敗北を喫した。
【動画】試合終了間際に劇的な同点弾!南野が決めた鮮烈ボレーシュートをチェック

 22日のカラバオ・カップ準々決勝でPK戦の末に下した相手との再戦であり、アウェーマッチとはいえ、優勢が予想されていた(ベッティングサイト『888Sport』ではレスターの50/1に対して6/1とオッズでも大きな差がつけられたほど)。しかし、結果的にリベンジを許す形となってしまった。

 カラバオ杯といえば、南野拓実のアシストや後半アディショナルタイムでの劇的な同点ゴール、そしてPK戦での失敗なども含めて良い意味でも悪い意味でも存在感を存分に示したのが記憶に新しいが、今回はベンチ外に。クラブは試合前に、彼とチアゴ・アルカンタラが軽度の筋肉痛によって欠場すると明かしていた。

 何はともあれ、リバプールの2021年の全日程が終了。南野は今季ここまでにチームの公式戦全28試合中の13試合に出場。プレー時間は525分間で、プレミアリーグ(20節終了)に限れば6試合(40分間!)に止まっている。

 カラバオ杯では全3試合にフル出場して通算4得点、いずれの試合でも結果に直結するゴールを挙げるなどの大貢献ぶりを示しているものの、モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノ、ディオゴ・ジョッタの「ビッグ4」の壁は依然として高く、分厚いままだ。

 そんな南野に対して、地元メディアは手厳しい。リバプールの専門メディア『LIVERPOOL.COM』は、1ゴール、1アシストを記録したカラバオ杯レスターのパフォーマンスについて、PK戦で決めればヒーローとなれるところでクロスバーを叩くなどパフォーマンスが安定しない点や、デュエルの勝率29%、空中戦は全敗、ドリブルも6回のうち成功したのがわずか1回というフィジカル面の弱さを指摘した。


 そのうえで、「1試合平均1.66得点という貢献ぶりが、彼の全体像を表わしているわけではない」と断じている。

「この日本人選手は、多くの時間帯で試合のなかに存在していない。得点記録は印象的だが、レスター戦は彼が信用できないことを示した。リバプールは、散発的に輝きを放つのではなく、一貫したパフォーマンスを発揮し、定期的かつ継続的に試合に影響を与える選手を見つける必要がある」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング