専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

「EUROよりもフィジカル面で厳しい」カメルーンのレジェンドGKが力説!アフリカネーションズカップの注目チームにも言及

THE DIGEST編集部

2022.01.10

カメルーン代表112試合出場を誇るヌコノ(右)が、自国開催のアフリカネーションズカップについて、様々な特徴を紹介した。(C)Getty Images

カメルーン代表112試合出場を誇るヌコノ(右)が、自国開催のアフリカネーションズカップについて、様々な特徴を紹介した。(C)Getty Images

 本来は昨年6月に開催される予定だったのが、気候的な問題で同年1月に変更され、さらにコロナ禍によって1年先送りになった2021年アフリカネーションズ・カップ(AFCON)。今冬に入り、今度はオミクロン株の感染拡大により、再び開催が危ぶまれていたが、何とか最悪の事態は免れられそうである。

 予選を勝ち抜いた24か国が1月9日から2月6日までの約1か月間でアフリカの大陸王者の座を争うことになる。開催国のカメルーンは当初、2019年大会のホストとなる予定だったのが、準備の遅れや治安の悪さによってエジプトに開催権を譲ったという経緯があり、前述の件の合わせて、まさに紆余曲折を経ての大会開催ということになる。

 欧州トップリーグのビッグクラブで中心としてプレーするスター選手も多く参加する今大会(それゆえに選手の派遣をめぐって大会運営側とクラブ側が紛糾したが……)、5都市6会場で行なわれる全52試合では様々な見どころが生まれると思われるが、最も大きな興味のひとつである「どこが優勝するか?」については、主要なスポーツベッティングサイトの最新予想でセネガルがトップにつけている。
 
 サディオ・マネ(リバプール)、カリドゥ・クリバリ(ナポリ)、エドゥアール・メンディ(チェルシー)といったビッグネームを擁する西アフリカの雄に続くのは、連続無敗記録を27試合に伸ばしている前回王者アルジェリア、フランク・ケシエ(ミラン)、ニコラ・ペペ(アーセナル)らが招集されたコートジボワール、開催国カメルーン、そしてモハメド・サラー(リバプール)がエースに君臨するエジプトといった順番になっている。

 さて、AFCONについては、パンデミックの影響で開催の有無が議論された時、カメルーン・サッカー連盟会長に就任したばかりのサミュエル・エトーが「EUROは幾つかの都市において満員のスタジアムで開催されたのに、なぜAFCONでは不可能だというのか? 我々アフリカ人には何の価値もないから、我慢しろと言うのか?」と不満を露にしたが、同じカメルーンのレジェンド、トーマス・ヌコノはAFCONという“未知”の大会を改めて紹介している。
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング