専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

今週末にも復帰か? 冨安健洋は今季も「絶対的な右SB」か、あるいは「熾烈な定位置争い」の渦へ!?

THE DIGEST編集部

2022.08.11

開幕戦を欠場した冨安が、2節のレスター戦で今季初出場する可能性が出てきたと英メディアが報道。(C) Getty Images

開幕戦を欠場した冨安が、2節のレスター戦で今季初出場する可能性が出てきたと英メディアが報道。(C) Getty Images

 今夏のオフ中に起こった筋肉系の異常のため、テストマッチに1試合も出場することができず、先週末のプレミアリーグ開幕戦(クリスタル・パレス戦)も欠場した冨安健洋だが、8月13日の2節レスター戦ではベンチ入り、さらには今季初出場の可能性も出てきたと、現地メディアが報じている。

【関連記事】冨安健洋の復帰を「急ぐ必要はない」。英メディアが日本代表DFの現状を分析「アーセナルに差し迫った懸念はない」
 すでに6日に行なわれたプレミアリーグ2の開幕戦となるマンチェスター・ユナイテッドU-21との一戦に、アーセナルU-21の一員として先発出場した冨安は、45分間、ピッチに立ち続けており、復帰はさほど遠くはないと見られていたが、日刊紙『Daily Mirror』によると、9日のチーム練習に、同じく戦線離脱中のファビオ・ビエイラ、エミール・スミス・ロウとともに参加したことが明らかになった。

 これを受けて、サッカー専門サイト『football.london』は「練習で負傷しなければ、(開幕戦で冨安の代役を務めた)ベン・ホワイトに代わり、右SBとして出場するかもしれない」と復帰の可能性を示唆するも、「しかし、(左SBの)キーラン・ティアニーに対して同様、昨季後半にふくらはぎを痛めた日本代表選手に対するミケル・アルテタ監督のアプローチは慎重であり、今回はサブとしてメンバーに入る可能性が高いと思われる。今、リスクを冒す必要もないからだ」と、慎重な見方も示している。

 本来はCBながら、ホワイトは開幕戦のパレス戦では右SBとして好パフォーマンスを発揮して同ポジションへの適性を示したこともあり、冨安がまだ不安定な状態では引き続き代役を継続するのが賢明とも言えるが、一方でできるだけ早くベストメンバーが出揃うことも望まれていることもあり、『football.london』は「アルテタ監督は選手の選択においてジレンマを抱える」と、現状を表現した。

 サッカー専門サイト『Football Insider』も、ホワイトについてはしばらくこのまま右SBに固定される可能性をもあると報道。これは、コメンテーターを務めるノエル・ウィーランの見解を紹介したもので、パレス戦で新加入のウィリアム・サリバがCBとして「輝かしい」(同メディア)プレミアリーグ・デビューを飾ったことで、ホワイトにとっては右SBとしてプレーすることが、スタメンに留まるための最善の道だと、元リーズのストライカーは主張している。

 CBとしてのホワイトは熾烈な定位置争いにおいて「危機に晒されている」と指摘するウィーランは、「ベンが右SBとしてもパフォーマンスを発揮し続ければ、冨安が早々に復帰することはなくなる」として、この元ブライトンのDFがある意味、アーセナルの守備陣の形成に大きな影響を与えると見ているようだ。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング