専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

「日本の危機だ」デュッセルドルフ田中&アペルカンプの出場時間激減に独メディア見解。日本企業のスポンサー撤退も重なり「最悪の出来事」

THE DIGEST編集部

2022.09.20

デュッセルドルフで2年目を迎える田中。今季は早くも正念場に立たされている。(C) Getty Images

デュッセルドルフで2年目を迎える田中。今季は早くも正念場に立たされている。(C) Getty Images

 ドイツ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフ所属する二人の若きサムライが批判に晒されている。

 加入2シーズン目の田中碧と、2019年からトップチームに所属するアペルカンプ真大の両日本人選手は今季、シーズン開幕からスタメンに名を連ねた。いずれも主力として高い期待が寄せられていたものの、両者はともに8月下旬から先発出場の機会を減らしてきていることから、現地メディアからは厳しい言葉が投げかけられている。

【関連記事】なんと米メディアが早くもカタールW杯全試合の結果を徹底予想! 日本の結果、そして優勝国は!?
 独紙『Bild』では、田中、アペルカンプの最近のプレーの問題点を取り上げ、不振の原因を分析している他、ピッチ外でもビジネス面で「日本」との関係が危機に直面したと報じている。

 同メディアは「アオ・タナカとシンタ・アペルカンプは今シーズン、フォルトゥナでもアジアのファンを刺激する中盤のビッグスターになるはずだった。しかし、ここ数週間は、日本の選手は全く期待外れに終わっている」と、両日本人プレーヤーの最近の動きを評した。

 また、田中については「新シーズンの最初の試合では、少なくともタナカは納得のいくプレーをしていたが、最近は調子を崩し、次第に姿を消していった」と印象を述べており、「最初の4試合はかなり高い確率でパスを成立させたが、それ以降はどの試合でも序盤の割合に及ばない。タックル数も急降下している」と言及している。

 さらにアペルカンプへは「チームの中心に据えられるはずだったが、彼は成績不振でレギュラーの座を失って久しい。元DFB U21代表選手はクラブの中でも最高の選手の一人なのだが、現在、際限なくミスを犯している」として、見解を示した。

 他にも記事では、同クラブから日本スポンサー企業2社が撤退したことを報じており、「最悪の出来事だ」と同メディアによるコメントが綴られており、その影響により「ワールドカップの長期休暇中にアジア遠征の計画があったが、実現しないことになった」とも明かしている。

 その上で「タナカ、アペルカンプの調子が悪く、日本企業もいないという、この日本の危機を早く終わらせなければならない」と、悲観的な言葉を並べた。

 今季より、完全移籍となった田中、世代別ドイツ代表経験のあるアペルカンプ、二人への期待の高さはトピックの内容からも伝わってくる。スポンサーの問題も含め、選手、クラブが再び軌道に乗ることを願ってやまない。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】「予想不可能な魔法」マンU撃破の原動力となった久保建英に最高評価と賛辞が続々! 米メディアは「ブレイク」を予想

【関連記事】「クリエイターぶりを発揮」序盤戦の久保建英を現地メディア称賛! ソシエダの全勝点に貢献する新加入選手に「ファンも満足している」

【関連記事】「本当の芸術作品」「絶対的な天才」 久保建英の“アシスト未遂”にスペイン各地で賛辞の嵐! お洒落すぎる絶品スルーパスに大反響

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング