専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

森保ジャパンの米国戦快勝を各国メディアも絶賛! コスタリカ紙は「日本を過小評価するのは間違いだ」と指摘

THE DIGEST編集部

2022.09.25

先制点を挙げた鎌田(中央)。ワールドカップでの活躍に期待が高まる。(C)Getty Images

先制点を挙げた鎌田(中央)。ワールドカップでの活躍に期待が高まる。(C)Getty Images

 9月23日、日本代表はドイツ・デュッセルドルフで国際親善試合を行ない、アメリカ代表を2-0で下した。

【動画】アメリカを沈める!得意のドリブルから決めた三笘薫の鮮烈弾!

 序盤から主導権を握った日本は、24分に守田英正のパスをフリーで受けた鎌田大地がダイレクトシュートでゴール。VARでオフサイドの疑いも晴れてリードを奪うと、その後も再三敵陣深くに迫ってチャンスを創出。後半は守勢を強いられる時間が増えたものの、これをしのいで終盤を迎え、88分に交代出場の三笘薫が左サイドからドリブルでゴールに迫り、右足で巻いたシュートをゴール右隅に決め、トドメを刺した。

 厳しいプレッシャーをかけ続けて敵陣でボールを長く保持し(試合全体の保持率は43%)、チャンスも量産、シュートは米国の4本に対して16本と相手を圧倒し、また守備では危ない場面が少なく、相手の枠内シュートを0に抑えるなど、米国がクリスティアン・プリシッチら多くの主力を欠いたとはいえ、日本にとっては明らかに快勝と言える好内容の一戦となった。

 AFC(アジア・サッカー連盟)の公式サイトは「日本がアメリカに対して、その流儀を発揮」と試合を伝え、「相手GKマット・ターナーの好パフォーマンスに苛立たされたものの、サムライブルーは勝利に値した」と記述。FIFA(国際サッカー連盟)は日本の快勝を受けてSNSで「JFA(日本)はオッズに逆らって本大会のノックアウトラウンドに到達できるか?」と綴り、快進撃に期待を寄せている。

 敗れた米国のメディアでは、戦前に「日本の守備は米国にとって良いテスト機会となる」「スコア予想は3対1で米国の勝利」と報じていた大手放送局のスポーツサイト『CBS SPORTS』が自国代表チームの「創造性と攻撃力の欠如」「守備の脆弱性」を酷評するなかで、日本については「ウェストン・マッケニーのパスミスとセルジーノ・デストの位置取りの拙さで鎌田大地が決勝ゴールを挙げた」と伝え、これも米国目線で失点場面を振り返った。
 
 一方、スポーツ専門チャンネル『ESPN』は、全選手を10点満点の採点で評価し、最高は遠藤航の「8」で、「7」は酒井宏樹、中山雄太、久保建英、鎌田、三笘の5人。最高のパフォーマーには鎌田が選ばれ、「他にも選ぶべき選手は複数いるが、その中で鎌田はうまくゴールを奪い、他にも巧妙な攻撃のビルドアップに絡んだ」とその理由が綴られている。

 日本がカタール・ワールドカップのグループリーグで対戦する各国の報道を見ると、スペインのスポーツ紙『AS』は、「開始7分でヘスス・フェレイラのヘディングシュートがクロスバーを越えて以降、日本が試合を支配し、ピッチ上で余裕を持って過ごせるようになった」「鎌田は14分に素晴らしいプレーを見せ、24分には米国の守備陣の躊躇から最終的に彼自身が決めた」「三笘は2点目を挙げることで米国にメッセージを送り、彼らの欠点を示した」と報じた。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング