専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

「VARの壊滅的なミスだ」サウジ大金星の裏で消えたアルゼンチンの追加点。半自動システムの“誤審”に海外で嘆き【W杯】

THE DIGEST編集部

2022.11.24

鮮やかなカウンターから“追加点”を決めていたマルティネス。しかし、そのゴールは幻に消えた。(C)Getty Images

鮮やかなカウンターから“追加点”を決めていたマルティネス。しかし、そのゴールは幻に消えた。(C)Getty Images

 最新鋭のテクノロジーを用いても“完璧”なジャッジを下すのは難しいのかもしれない。

 さまざまな議論を巻き起こす判定が起きたのは、現地時間11月22日に行なわれたカタール・ワールドカップの第1戦、優勝候補の一角に挙げられたアルゼンチンがサウジアラビアに挑んだ一戦だ。

 ご存知の通り、結果はサウジアラビアの勝利だ。同点で迎えた53分にグリーンファルコンズ(サウジアラビア代表の愛称)の10番、サレム・アル・ドサリが強烈なミドルを突き刺し、下馬評を覆す2-1での逆転勝ちを収めたのである。

 中東の雄による大金星に世界が驚いた。そんななかで試合後に結果以上に、激しい議論を巻き起こしたのは、28分のアルゼンチンの攻撃である。

 10分にリオネル・メッシのPKによる1点で先手を取り、一気呵成の攻めを見せていた南米王者は、味方のパスに反応したラウタロ・マルティネスが相手最終ラインの背後に抜け出し、最後は冷静にGKとの1対1を制してゴールネットを揺らす。しかし、直後にVAR判定の末にオフサイドとなってノーゴールとなった。

 今大会は最新鋭のビデオ解析による「半自動判定システム」が導入されている。問題となったゴールシーンもマルティネスの左腕が真後ろの相手選手を基準としたオフサイドラインから出ていたと検出されたわけだが、これが「間違いであった」という指摘が相次いでいるのだ。
 
「間違いである」という証拠も噴出している。主にラ・リーガのVAR判定結果を検証するスペインのTwitterアカウント『Archivo VAR』は、「ラウタロ・マルティネスのゴールを取り消した壊滅的なVARのミス」と指摘。当該シーンにおいて、サウジアラビアの左SBだったヤシル・アル・シャハラニの右足に線が引かれ、マルティネスが最終ラインを越えていないことを画像とともに訴えた。

「VARは左に位置したサイドバックの存在を忘れて、誤ったディフェンダーを検出した。ラウタロ・マルティネスは、正しいポジションにいる」

 さらに英紙『Express』は、VARの初期開発者の一人だというナチョ・テジャド氏が「多くの疑問の余地はない」とミスを肯定したとレポート。そのうえで「アルゼンチンの屈辱的な敗北には不運もあった。VARが大きな間違いを犯した可能性がある」とした。

 サッカーに“タラレバ”は付き物である。しかし、ゴールが正当に認められていれば、アルゼンチンが一気に主導権を握っていた可能性が高かったと言わざるを得ない。南米が誇る精鋭軍団は、“まさかのジャッジ”に泣いた一戦からいかに奮起するだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「お前は勝てない!」サウジDFが“失意”のメッシに予期せぬ挑発! 逆転直後の行動が話題に「礼儀を欠いた」

【関連記事】W杯史上最大の衝撃!「勝率8.7%」サウジ金星で米データ社の番狂わせランキングトップに「アルゼンチンは反撃できなかった」

【関連記事】水道から茶色の水が! 物議を醸すカタールW杯の宿泊施設に非難殺到。予約をキャンセルする利用者も「耐えられない」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング