専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

味方の得点に満面の笑み…サウジ・デビューのロナウドに英紙がマンU時代との明確な変化を指摘!「引退に向けてのクルーズではない」

THE DIGEST編集部

2023.01.24

サウジ・プロフェッショナルリーグでデビュー戦を勝利で飾ったC・ロナウド。チームメイトとの関係も良好のようだ。(C) Getty Images

サウジ・プロフェッショナルリーグでデビュー戦を勝利で飾ったC・ロナウド。チームメイトとの関係も良好のようだ。(C) Getty Images

 現地時間1月22日に行なわれたサウジ・プロフェッショナルリーグ第14節のアル・エティファク戦で、アル・ナスルのクリスチアーノ・ロナウドが同クラブでの公式戦デビューを果たし、1-0の勝利を飾った。

【動画】オーバーヘッドでもゴールを狙うも… C・ロナウドのサウジ・デビュー戦をチェック!

 先月31日、欧州のビッグクラブを渡り歩きながら多くのチーム&個人のタイトルを獲得し、ゴールに関するサッカー史のあらゆる記録を塗り替えた生ける伝説が、37歳にして欧州を離れて新たな挑戦に乗り出すとのニュースは、世界を驚かせたが、同時に2億ユーロ(約280億円)という史上最高額に達する年俸総額にも多くの注目が集まった。

 その後、19日に首都リャドに拠点を置くアル・ナスル、アル・ヒラルの選抜チームの一員として、パリ・サンジェルマンとの親善試合でサウジでの初お目見えを果たし、PK、ヘッド弾がポストにはね返されたところを確実に押し込む抜け目のないゴールの2発を決めるなど、ロナウドは早くも新天地のファンを大いに満足させていた。

 マンチェスター・ユナイテッド在籍時、エバートン戦でファンの差し出した携帯電話を叩き落とした行為に対する2試合出場停止の処分がサウジでも有効となったことで、予定より遅れることになった公式戦デビューだったが、ホームでのアル・エティファク戦、稀代のストライカーはキャプテンマークを腕に巻き、チームの先頭でピッチに姿を現わした。

 左右上下に動いてチャンスメイクも試みた背番号7は、CFとして前後半で多くのシュートを放ち、デビュー戦初ゴールを狙ったが、ボールはゴールネットを揺らすことはなく、アル・ナスルの得点は右からのクロスを、ベンフィカ、ベジクタシュでコンスタントに得点を挙げ、2018年からは中国の広州恒大、2021年からはアル・ナスルとアジアを主戦場としてきたブラジル人のタリスカが頭で合わせた、彼の今季12得点目の一発に止まった。

 ファンが望むゴールは生まれなかったものの、ロナウドの初陣について、サウジの日刊紙『Asharq Alawsat』は「新たなチームでの初のプレーにもかかわらず、ロナウドとチームメイトたちとの相性は非常に良さそうであり、まるで彼がこの首都のクラブで長年プレーしているかのようにも見えた」と称賛している。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング