専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

E-1選手権は宿敵韓国に敗戦。森保監督は「次の成長の糧にしていければ…」と言葉少なく悔しさを滲ませる

サッカーダイジェスト編集部

2019.12.19

途中出場で流れを変えた大島僚太だったが…敗戦後に大きく肩を落とす。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

途中出場で流れを変えた大島僚太だったが…敗戦後に大きく肩を落とす。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

 E-1選手権は12月18日、日本代表対韓国代表の一戦が、釜山アシアドメインスタジアムで行なわれ、0-1で日本が敗戦を喫した。  両国ともに2連勝で、優勝を賭けた直接対決での日韓戦。3大会ぶりの優...
 E-1選手権は12月18日、日本代表対韓国代表の一戦が、釜山アシアドメインスタジアムで行なわれ、0-1で日本が敗戦を喫した。

 両国ともに2連勝で、優勝を賭けた直接対決での日韓戦。3大会ぶりの優勝を目指す日本は、前日になでしこジャパンがE-1選手権優勝を決めており、初の男女アベック優勝のかかる一戦ともなった。

 試合は、ホーム韓国の前線からの激しいプレスに押された日本は、ポストに救われるシーンもあるなど攻め込まれる。さらに、ミスから左サイドを崩されると、最後はゴール正面でフリーになっていたファン・インボムにシュートを決められ、28分に0-1と先制を許す。

 反撃を試みる日本だったが、前半は0-1で折り返すと、迎えた後半、遠藤渓太に代え相馬勇紀を投入。韓国が前半よりもペースダウンしたこともあって、ボールを回す時間の増えた日本だったが、連係が悪く攻撃が空回る。

 引き分け以上で優勝の決まる日本だったが、62分に井手口陽介に代えて大島僚太を投入し、78分には鈴木武蔵に代え、注目のJリーグ得点王&MVPの仲川輝人を投入するが、決定機を作ることなくアドバンテージを活かせぬまま試合終了を迎えた。
 
 0-1で敗戦を喫した日本代表は、2大会連続で2位、韓国に大会3連覇を許す結果に。各賞も発表され、ベストGKは韓国のキム・スンギュ(蔚山現代)、ベストDFは韓国のDFキム・ミンジェ(北京国安)。得点王には第2戦の香港戦でハットトリックを達成した小川航基が3得点で選ばれた。

 試合終了後のフラッシュインタビューに応えた森保一監督も、「入りのところで相手から圧力を受けるというのは、予想していましたけど、そこのところで試合の流れを持っていかれた」と分析し、「悔しいですけど、次の成長の糧にしていければと思います」と言葉を絞り出すのがやっとだった。

 前日に優勝し五輪に弾みをつけたなでしこジャパンとは対照的な2019年の締めくくりとなった森保ジャパン。来年の奮起に期待したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング