専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

モンフィスがモンペリエで3度目の優勝。ガリンはフルセットでシュワルツマンを下す。プネーではベセリが5年ぶりのツアー優勝【テニスATPツアー】

スマッシュ編集部

2020.02.10

地元の声援を受けて優勝したモンフィス(右)、5年ぶりのツアー優勝となったベセリ(左上:写真は昨年のウインブルドン)、格上のシュワルツマンを下したガリン(左下:写真は昨年のパリ・マスターズ)。(C)GettyImages

地元の声援を受けて優勝したモンフィス(右)、5年ぶりのツアー優勝となったベセリ(左上:写真は昨年のウインブルドン)、格上のシュワルツマンを下したガリン(左下:写真は昨年のパリ・マスターズ)。(C)GettyImages

 2月3日の週には「コルドバ・オープン」(ATP250/アルゼンチン・コルドバ)、「南フランス・オープン」(ATP250/フランス・モンペリエ)、「マハラシュトラ・オープン」(ATP250/イン...
 2月3日の週には「コルドバ・オープン」(ATP250/アルゼンチン・コルドバ)、「南フランス・オープン」(ATP250/フランス・モンペリエ)、「マハラシュトラ・オープン」(ATP250/インド・プネー)の3大会が行なわれた。

 コルドバ・オープンは、第3シードのクリスチャン・ガリン(チリ)が、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を2-6、6-4、6-0のフルセットで下して優勝を果たした。

 決勝までの3試合中、2試合をフルセットで勝ち上がってきたガリンは、連日の激戦の疲れからか、シュワルツマンの軽快なフットワークに苦戦。3度のブレークを奪われ、第1セットを落としてしまう。

 後がなくなったガリンだが、第2セット以降は、ベースライン上からの早いタイミングのショットでシュワルツマンの時間を奪い、ストローク戦を優位に進める。第2セットを取り返し、フルセットに持ち込むと、勢いを失ったシュワルツマンのサービスゲームを全てブレークし、2時間5分でキャリア3勝目を上げた。
 
 南フランス・オープンでは、ホームの熱烈な声援を受ける第1シードのガエル・モンフィス(フランス)が、バセク・ポスピシル(カナダ)を7-5、6-3で破り、昨年2月のロッテルダム以来1年ぶり、9度目のツアータイトルを獲得した。

 第1セットは互いにキープを続け6-5に。続くポスピシルのサービスゲームで、ブレークポイントを迎えたモンフィスは、激しい打ち合いの中でネットを取ろうとするポスピシルに対し、走りながらの強烈なパッシングショットを決めてセットを先取。

 第2セットでは、第3、第5ゲームで合計4本のブレークピンチを迎えたモンフィスだったが、これらをすべて守りきると、第8ゲームでブレークに成功。続くサービングフォーザマッチ、2本目のマッチポイントで強烈なサービスでポスピシルのリターンミスを誘い、試合にピリオドを打った。

 2010年、2014年に続き、同大会3度目の優勝となったモンフィスは「再び母国で優勝できてうれしい」「素晴らしい1週間だった。今日のパフォーマンスにも満足しているよ」と語った。
 
NEXT
PAGE
マハラシュトラ・オープンの結果と今週のツアースケジュール

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RECOMMENDオススメ情報

RANKINGランキング