専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
国内テニス

橋本総業HDが涙の日本リーグ初制覇!新加入の竹内研人と中川直樹も大活躍【テニス日本リーグ/男子】

赤松恵珠子(スマッシュ編集部)

2020.02.10

ダブルスが勝利して初優勝を喜ぶ橋本総業HDメンバー。写真:滝川敏之

ダブルスが勝利して初優勝を喜ぶ橋本総業HDメンバー。写真:滝川敏之

 第34回テニス日本リーグの男子決勝戦が2月9日(日)、横浜国際プールで行なわれ、橋本総業ホールディングスが、3連覇を狙う三菱電機を下して、初優勝を飾った。  初めて決勝の舞台までたどりついた橋本...
 第34回テニス日本リーグの男子決勝戦が2月9日(日)、横浜国際プールで行なわれ、橋本総業ホールディングスが、3連覇を狙う三菱電機を下して、初優勝を飾った。

 初めて決勝の舞台までたどりついた橋本総業HDのシングルス2は斉藤貴史。予選リーグからチームに貢献してきたが、三菱電機の高橋悠介の猛攻に押し切られて黒星スタートとなる。シングルス1のリー・ゼは、三菱電機の清水悠太に第1セットを奪われるものの、「前回は3位だったので、今回は優勝する」との強い気持ちで逆転勝利。ダブルスへと繋げた。

 そのダブルスにはチームに新加入した竹内研人/中川直樹組が登場。中川は「昨日の夜から1-1になることは覚悟していた。むしろ『来いっ』と思っていて、勝つことしか考えていなかった」と強気。竹内は契約してくれた会社や、サポートしてくれたメンバーに感謝の気持ちを持ちながら、仲間の声援を受けてコートに立った。

 相手の三菱電機はアマチュア選手とはいえ昨年の最高殊勲選手賞を受賞している福田健司/矢多弘樹組だ。しかし、竹内/中川組は競った場面もあったが、地力を発揮して見事にストレートで勝利。橋本総業HDに初優勝をもたらし、メンバーは涙を流しながら、みんなで喜びを分かち合った。
 
 橋本総業HDの男子チームは3年前から日本リーグに挑戦している。その初期メンバーの綿貫裕介は今回優勝できた要因を「昨年、本当に悔しい思いをしました。和気あいあいと、締めるところは締める、本当に良いチームになった」と話しながら、3年前から一緒に戦ってきた住澤大輔と、「長かった。やったな!」と優勝を噛みしめた。

「良いチーム」を作った功労者はキャプテンの岡村一成かもしれない。年下のメンバーに突っ込まれながら、年上のメンバーには陰で支えられながら、「良い雰囲気で仲の良いチーム」を作り上げてきた。「1-1でダブルスにかかって負けたこともあったので、勝って終われてよかったです」と笑顔だ。杉山記一監督も、「ワンチームとして戦った結果が優勝につながりました」という。

 初優勝を果たし、「これから2連覇、3連覇としていきたい」(綿貫)と前を見る。次に狙うは男女アベック優勝か。

〔男子結果〕
優勝 橋本総業ホールディングス
準優勝 三菱電機
3位 エキスパートパワーシズオカ
4位 イカイ
5位 レック興発
5位 ノアインドアステージ
7位 伊予銀行
7位 マイシン

文●赤松恵珠子(スマッシュ編集部)

【テニス日本リーグPHOTO】男子は橋本総業が初戴冠、女子は島津製作所が3年ぶり5度目の優勝を飾る!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング