専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
レッスン

錦織圭とフェデラーが必ずやっている、バックハンドの鉄板アクション【テニスレッスン】

スマッシュ編集部

2020.04.21

錦織圭(左)とフェデラー(右)のバックハンドは片手と両手の違いはあるが、共通点もある。写真:山崎賢人(THE DIGEST写真部)

錦織圭(左)とフェデラー(右)のバックハンドは片手と両手の違いはあるが、共通点もある。写真:山崎賢人(THE DIGEST写真部)

 38歳にして完璧なプレーを持続するフェデラー、小柄な体格で世界のトップと渡り合う錦織。2人のテニスをよく知れば、上達のヒントをつかめるに違いない。フォアハンドに続いて、2人が共通して実践するバックハンドの“鉄板アクション”から重要な基本を導き出そう。全日本選手権複優勝などの実績を持つ佐藤文平氏が、教えてくれた。

 フェデラーは片手打ちで、錦織圭は両手打ちだが、両者に共通する部分は多いと言う。まずはテイクバック。「ラケット面を少し相手の方に向けています。こうすると引きすぎを防げると同時に、ボールが飛んでくる軌道に合わせて面をセットできるので、インパクトを正確に合わせやすくなります」

「また、ラケットを立て気味にしているのも大事なポイントです。引いた時にラケットが立っていれば、始動の段階で自然とヘッドが落ちるので、腕をリラックスさせてスイングに入ることができます」

 テイクバックでの共通点がもう1つ。「アゴを右肩の上に乗せるようにしている点です。つまり身体は横を、顔は前を向いているわけで、それだけ深く上体をひねっている証しです。バックはフォアに比べて動きが制限されますが、その中で大きなパワーを出すには、身体のひねりを最大限に作ることが求められます。『アゴを右肩に乗せる』意識を持てば、それを簡単に実践できるので、試してみてください」
 
 続いては、体重移動の時の共通点。「体重移動をする時に注意したいのが右ヒザの向きです。真横でも前でもなく、時計で言うと10時ぐらいに向けるのがポイント。この角度だと、左足の力を右足の内側で受けることができ、パワーを最大限に乗せられるのです。右ヒザが横向き(9時)だと、腕が窮屈になって振り切れません。前向き(12時)だと、右足の外側に体重が乗って、力が逃げてしまいます」

 バックハンドでの最後の共通点はインパクトにある。「インパクトでは、ラケット面をほぼ垂直に立ててボールを捉えるのが基本です。フラットはもちろん、トップスピン系でもそう。スピンは面を伏せて打つと思われがちですが、実際は、当たる瞬間はほぼ真っすぐです。そうすることでボールを厚く捉えられ、パワーが伝わるのです」

 フェデラーと錦織が共通して行なっているアクションをイメージできただろうか。片手でも両手でも、必ず実行したいポイントは同じ。自分のフォームを思い出して確認してみよう。

解説=佐藤文平
早稲田大学時代にインカレを制し、卒業後プロ転向。ワールドチームカップ日本代表、全日本選手権複優勝などの実績を残す。現在はテニス中継の解説者、HALEOテニスディビジョン統括ディレクターなどを務める傍ら、日体大大学院博士後期課程でスポーツバイオメカニクスを研究中。

構成●スマッシュ編集部
※スマッシュ2019年3月号から抜粋・再編集

【PHOTO】錦織圭、19年シーズンのグランドスラム厳選ギャラリー!!
 
NEXT
PAGE
【動画】佐藤文平プロのショットを見ながらアドバイスを確認したい人はこちらから

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング