専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

「負けることもテニスの一部なんだ」名手フェデラーが口にする“私生活でも役立つ”言葉!【海外テニス】

中山和義

2021.01.01

「生きる伝説」とも呼ばれるフェデラーの言葉にはテニスはもちろんだが、人生を歩んでいく上でのヒントか隠されている。(C)Getty Images

「生きる伝説」とも呼ばれるフェデラーの言葉にはテニスはもちろんだが、人生を歩んでいく上でのヒントか隠されている。(C)Getty Images

 テニス界で長きにわたりトップランキングを維持する一流選手たち。そんな彼らが発する言葉には、テニスの上達はもちろんだが、仕事やプライベートでも役立つヒントが数多く隠されている。
 
 ロジャー・フェデラーは負傷した右ヒザの影響により、2021年の全豪オープンの出場を見合わせた。とはいえ2003年にウインブルドンを制してから今日まで、常にテニス界のトップ選手として君臨し続けてきた名手である。どうして彼はこのように第一線で活躍ができたのか、その理由の1つが、フェデラーのテニスに対する考え方にあるようだ。

 フェデラーの試合を見ていると、何も考えずに自然と理想の動きができる天才のように見えるかもしれない。しかし、インタビューなどを聞いてみると、試合の戦略や心構えなど色々なことを考えているのがわかる。フェデラーのようにプレーをするのは難しいが、彼の試合に対する言葉から、勝つためのヒントをもらうことはできる。

 試合になると不安になって緊張をしてしまう人がたくさんいる。普段と同じように冷静でいられれば、もっと良いプレーができて試合に勝てるのにと思う人もいるだろう。フェデラーはこのことについて

「不安感は必要だと思う。私は試合の前に緊張したり、コート上を歩きながら、自分の手が汗で冷たくなるのを感じたい」

 と言っている。不安になって、緊張するのは必要なことだと考えているのだ。
 
「テニスは最高だ。常に緊張感に溢れている。勝とうが負けようが、私はずっとこのスポーツと関わっていくと決めたんだ」

 さらに緊張することがテニスの大きな魅力だとも話している。確かに「緊張したらどうしよう……」と悩むよりも、緊張を楽しんだ方が普段の力を発揮できるだろう。

 フェデラーは試合が始まった前半、優位に進めるための戦略として、

「いつも同じ所を狙ってはいけない。試合の序盤にどこでも狙うことができるということを見せておく。そして大事な局面になった時にどこにボールが来るか予想がつかない状態にしておくことが重要なんだ」

 と話している。この言葉通り、彼の試合を見ると序盤から色々なコースを積極的に狙っているのがわかる。またそうした戦略で精神的に優位に立つことの意味については、

「プレーを戦略的に組み立て、いつでも複数の選択肢を取れるようにしておくことが重要だ。それが相手にとって最も危険な状態だから」
 
NEXT
PAGE
試合に負けた時はどう考えるべきか…

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング