専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
国内テニス

「あ~よかった~」石井心菜が全国小学生で頂点に。12歳以下の全国大会3冠に王手!<SMASH>

赤松恵珠子(スマッシュ編集部)

2021.08.22

左から、優勝:石井心菜(ここな)、準優勝:駒田唯衣、3位:森下結有(ゆうあ)、服部天寧(あまね)。写真:滝川敏之

左から、優勝:石井心菜(ここな)、準優勝:駒田唯衣、3位:森下結有(ゆうあ)、服部天寧(あまね)。写真:滝川敏之

 小学生の頂点を決める大会、「第39回第一生命全国小学生テニス選手権」が、8月18日~21日にわたり開催された。

 女子で優勝したのは、第1シードの石井心菜。「あ~よかった~」と、優勝してほっとしていた。目標達成まであと1つ残っているが、まずは2つクリアだ。

 石井は5月に開催された選抜ジュニアでもタイトルを取っている。対戦相手は挑戦者の気持ちで向かってくるし、「クレーコートはそんなに得意ではない」ということもあり、1回戦ではファイナルのマッチタイブレーク2-5まで追い詰められた。

 この状況で「私が相手だったらビビる。だからボールをコートに入れていこう」と冷静に考えて実行できるのが、石井の強さだろう。長い試合をしたことでクレーにも慣れてきて、順調に決勝進出を果たす。

 決勝では大事な場面でサービスが入らなかったりと崩れそうな時もあったが、ファイナルセットの長い1ゲーム目を制すると波に乗り、一気に駆け抜けた。

 石井には今、欲しいものがあるそうだ。父親の石井弥起プロは選抜ジュニア、全国小学生、全日本ジュニアの3冠を達成しているため、母親と「3冠取ったら」と約束している。「めっちゃ困る」と言いながらも、「(全日本ジュニアのハードは)得意なコートだから」と、自信をのぞかせながら視線は3冠に向けられている。
 
 今回準優勝になった駒田唯衣は、第2シードだがまだ5年生。「楽しんで自分のテニスができるように」心掛けて大会に臨んだ。弱気になりそうな時も気持ちを切り替えて粘り、調子が良い時に出るという爽快な回り込みフォアは、何度もコートに刺さった。

 将来の目標は「ウインブルドンでベスト8とか4に入ること」。海外の選手もいるので優勝は難しいかと思い、控えめに言い直した駒田。今回の準優勝で得たものは「自信」だと言う。これから自信を積み重ねて、大きな目標を目指してほしい。

◆女子準決勝(丸数字はシード)
石井心菜①(東京・北区立浮間小)75 64 森下結有③(三重・鈴鹿市立飯野小)
駒田唯衣②(愛知・一宮市立千秋東小)64 64 服部天寧⑦(三重・四日市市立三重北小)
◆女子決勝
石井心菜① 64 26 60 駒田唯衣②

取材・文●赤松恵珠子(スマッシュ編集部)

【全国小学生テニス選手権PHOTO】上位に入賞した選手たちの迫力プレー&表彰写真

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング