専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

大坂なおみが全米3回戦でまさかの敗退。勝利目前から18歳の新鋭に逆転負け<SMASH>

スマッシュ編集部

2021.09.04

サービングフォーマッチまで行きながら、まさかの逆転負けを喫した大坂。イライラが爆発し警告を取られる場面もあった。(C)Getty Images

サービングフォーマッチまで行きながら、まさかの逆転負けを喫した大坂。イライラが爆発し警告を取られる場面もあった。(C)Getty Images

 テニスの四大大会「全米オープン」(8月30日~9月12日/アメリカ・ニューヨーク/ハードコート/グランドスラム)は、現地9月3日に女子シングルス3回戦を行ない、センターコートのナイトマッチ第1試合に第3シードの大坂なおみ(世界ランク3位)が登場。同73位のレイラ・フェルナンデス(カナダ)と対戦したが、7-5、6-7(2)、4-6で足をすくわれ、連覇の夢を絶たれた。

 フェルナンデスはもうすぐ19歳の誕生日を迎える新鋭で、今年3月にはWTA250のモンテレイ大会でツアー初タイトルを獲得している有望株。身長168センチと小柄ながら、サウスポーから放つサービスやスピン系のフォアハンドはキレがある。大坂とは初めての対戦だ。

 大坂のことを「私のお手本のような存在」というフェルナンデスは立ち上がり硬さが見え、そのミスに乗じて大坂が第1ゲームでブレークポイントを握るが、そこはフェルナンデスがセーブ。すると試合は互角のせめぎ合いとなる。フェルナンデスは鋭く曲がる左利き特有のサービスに、早いタイミングのカウンターやドロップショットなど、硬軟織り交ぜたプレーで大坂のパワーに対抗。5-5まで互いに安定したキープを続ける。

 試合が動いたのは第11ゲーム。大坂は深いボールで相手にプレシャーをかけてミスを誘い、甘い返球は確実にウイナーを叩き込んで、ラブゲームでフェルナンデスのサービスをブレーク。要所で一気に集中力を上げる様はさすがだった。そのまま次のゲームをキープして大坂が第1セットを先取。
 
 第2セットもお互いが持ち味を発揮して5-5までキープが続く展開。大坂のショットは徐々に鋭さを増し、ウイナーを積み上げていくが、なかなかブレークチャンスは来ない。試合はまた第11ゲームの相手サービスで動いた。フェルナンデスの精度が落ち、ミスが続いたところで、大坂が30-40からバックのダウンザラインに鮮やかなエースを決め、ブレークに成功した。

 しかしプレッシャーがかかったのだろうか。続くサービングフォーマッチで大坂は初めてのサービスダウンを喫し、試合はタイブレークへ。こうなると流れはフェルナンデスで、大坂は急にミスが増え、ラケットを立て続けに投げつけてイライラを爆発させる。タイブレークは2-7でフェルナンデスのものに。

 第3セットになっても大坂の乱れは収まらない。ダブルフォールトも絡んで第1ゲームをブレークされると、第2ゲームでは怒り任せにボールを客席に打ち込んで警告を取られる場面も…。第3ゲームのサービスを15-40からキープしてからは冷静さを取り戻し、いい形のウイナーも増えたが、フェルナンデスのサービスをブレークバックするまでには至らず、1ブレーク差で敗れ去った。試合時間は2時間3分。

 今季、全豪オープンを制した大坂は、心の問題で全仏オープン2回戦を棄権し、ウインブルドンは欠場。この全米で2年連続3度目の優勝と通算5つ目のグランドスラムタイトルを狙っていたが、叶わなかった。

 なお勝ったフェルナンデスは4回戦で第16シードのアンジェリーク・ケルバー(ドイツ/17位)と対戦する。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】全米オープン2021での大坂なおみのプレー集
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング