専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

現女王が開催地変更のWTAファイナルを欠場か。コーチが大会側の決定に「馬鹿げているとしか言えない」と嘆き<SMASH>

スマッシュ編集部

2021.09.16

ここ数週間の激戦で疲れがたまっているというバーティー。(C)Getty Images

ここ数週間の激戦で疲れがたまっているというバーティー。(C)Getty Images

 女子テニス世界ランク1位のアシュリー・バーティー(オーストラリア)が、ディフェンディングチャンピオンとして臨むはずだった今季のWTAファイナルズを欠場するかもしれない。

 オーストラリア・メディア『AAP通信』によると、この不測の事態を明かしたのは彼女のコーチであるクレイグ・タイザー氏。欠場を検討するに至った理由は開催地の変更によるもののようだ。

 その年に最も活躍した上位8名の選手で争われるWTAファイナルズは、昨年まで中国の深圳市で行なわれていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今季の開催地はメキシコのグアダラハに決定している。

 これに対してタイザー氏は「海抜1500メートルのメキシコで、圧力の少ないボールを使うということを最近になって知った」とコメント。さらに「プレッシャーレスボールは絶対に飛ぶ。普通に使っても跳ねないボールなんだ。プレーしたことのないコンディションで、プレーしたことのない国で……。馬鹿げているとしか言いようがないよ」と大会側の決定を痛烈に批判した。
 
 前回大会(2019年)の女王であるバーティーにとって、連覇は重要な目標だったのは言うまでもない。これらの大会側の状況に加え、現在の彼女自身のコンディションも大きな懸念材料となっている。

 タイザー氏は、全米オープン3回戦でまさかの敗退を喫したバーティーが、「心身ともに疲れ切っている」と明かし、WTAファイナルズへの出場で、来季の全豪オープンに、影響を及ぼしたくないと語った。

「来月のインディアンウェルズはまだ候補に入っているが、彼女には休息が必要だ。メキシコに行って試合をして、オーストラリアに帰ってから2週間も隔離されることになれば、オフシーズンが台無しになってしまう。今後ついてじっくり考えないといけない」

 8名のスター選手が揃う大会とは言え、前回大会女王で、現在最終戦レースの首位を走るバーティーを欠くことは大会にとっても大きな痛手になりそうだ。

構成●スマッシュ編集部
 
NEXT
PAGE
【画像】9月13日付の最終戦レースの状況。首位は6000ポイント超えのバーティー、大坂は2771ポイントで7位

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング