専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

グランドスラム単独最多の21勝目を掴んだナダルが明かした胸中「テニスを再開できるかすらわからなかった」<SMASH>

スマッシュ編集部

2022.01.31

ケガを乗り越え、大逆転の末に勝利をもぎ取ったナダル。(C)Gettyimages

ケガを乗り越え、大逆転の末に勝利をもぎ取ったナダル。(C)Gettyimages

 現地時間1月30日、テニスの四大大会「全豪オープン」は大会最終日を迎え、グランドスラム単独最多の21勝目を狙う第6シードのラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク5位)が、全豪初優勝を目指す第2シードのダニール・メドベージェフ(ロシア/同2位)を2-6、6-7(5)、6-4、6-4、7-5の大逆転で撃破。新たな記録を打ち立てた。

 試合時間は5時間を超え、日付をまたぐマラソンマッチとなった試合後、腕時計を見ながら、「皆さん、こんばんは。いや、おはようございますかな?」と冗談交じりに語り始めたナダルは、土壇場の大逆転劇を「僕のキャリアのなかで、最も感動的な出来事のひとつ」と振り返った。

 昨年は背中や足の故障に悩まされ、長期の離脱を強いられるシーズンとなった。それだけにナダルも「正直に言うと、テニスを再開できるかすらわからなかった。これが1か月半前だったら、最後の全豪オープンになると言っていたかもしれない」と明かす。
 
 今年で36歳を迎えるナダルにとっては、苦心のなかで掴んだ優勝は大きな自信に繋がったようで「今は言葉にできない気分さ。まだまだプレーを続けたいと思う。また来年もお会いしましょう」と、会場のファンに温かい言葉を送った。

 一方、惜しくもグランドスラム2勝目を逃してしまったメドベージェフは「ラファ、21回目の優勝おめでとう。もう少しで勝てそうでしたが、力不足だったようです。今日のあなたのプレーは素晴らしかった」と、相手の驚異的なカムバックに脱帽。最後に「チームのみんなに感謝したい」と陣営に向かって謝意を述べた。

 第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア/同1位)が国外追放となるなど、異質な雰囲気の中で幕を開けた全豪オープンだが、蓋を開けてみれば人々の記憶に残る素晴らしい大会となった。今後のツアーでも、選手たちがどのようなドラマを見せてくれるのか注目したい。

構成●スマッシュ編集部

【連続写真】ヒジ主導でテイクバックしてパワーを生み出す、ナダルのフォアハンド
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング