専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

「感情的な選手は好きだよ」悪童マッケンローが、暴言連発のメドベージェフを擁護。プレー面も「一番好き」<SMASH>

スマッシュ編集部

2022.01.31

かつて悪童と呼ばれて親しまれたマッケンローは、メドベージェフを自身に重ね合わせているようだ。(C)Gettyimages

かつて悪童と呼ばれて親しまれたマッケンローは、メドベージェフを自身に重ね合わせているようだ。(C)Gettyimages

 男子テニス界のレジェンドであるジョン・マッケンロー(アメリカ)が、全豪オープン(1月17日~30日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート/グランドスラム)の男子シングルス準決勝で、審判に暴言を放った後に罰金処分を下されたダニール・メドベージェフ(ロシア/世界ランク2位)について、擁護するようなコメントを残している。

 現地29日に行なわれた準決勝では、第2シードのメドベージェフが第4シードのステファノス・チチパス(ギリシャ/同4位)を7-6(5)、4-6、6-4、6-1で下し、同大会2年連続の決勝進出を決めた。

 しかし、メドベージェフは第2セットを失った後に「チチパスが父親からコーチングを受けている!」として主審へ猛抗議。それに応じようとしなかった主審に対し、「気でも狂ったか?」、「あんたはバカなのか?」といった言葉を浴びせ、オーストラリアテニス協会から12000ドル(約140万円)の罰金を科された。
 
 海外メディア『ユーロスポーツ』のインタビューで、これについて見解を求められたマッケンローは、「審判が彼を失格にすべきだったのかを聞いているのならば、あなたは間違った人に尋ねていると思うね」とユニークに回答。かつて自身も審判や相手選手と激しい口論を繰り広げていた経験からか、メドベージェフのスタイルには好感を抱いているようだ。

「個人的には、(選手が)感情的になっているのを見るのは好きなんだ。特に僕とジミー・コナーズ、あるいは僕とイワン・レンドルのように。昔あったようなトラッシュトークがあれば、試合はより面白いものになると思う」

 プレー面についても「とても独特で、素晴らしい。プレーを見るのが一番好きな選手だよ」と、レジェンドから太鼓判を押されたメドベージェフ。現地30日の決勝戦では、ラファエル・ナダル(スペイン/同5位)に大熱戦の末に敗れ、昨年の全米オープンに続くグランドスラム2勝目は逃したが、近いうちに彼が次世代の悪童として、かつてのマッケンローのような絶大な人気を誇る日がやってくるのかもしれない。

構成●スマッシュ編集部

【連続写真】メドベージェフの余分な動きがない安定感抜群のバックハンド!
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング