専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
国内テニス

杉山記一杯開催! 試合に参加した子どもたちはプロのテニスも体験して「スピンがものすごく跳ねてびっくり」<SMASH>

スマッシュ編集部

2022.04.03

大会参加者とプロたち(上)。下段左から楠本悠太郎、橋本花奏、阿部湧、嶋田峻生。(C)市野穣

大会参加者とプロたち(上)。下段左から楠本悠太郎、橋本花奏、阿部湧、嶋田峻生。(C)市野穣

『2022杉山記一杯supported byリポビタン 東京大会』が3月30日(水)、大正セントラルテニスクラブ目白(東京都)で開催された。

 小学生の「チャレンジクラス(主に低学年・12名)」と「マスターズクラス(主に高学年・24名」の2カテゴリーに分かれて行なわれた今大会は、試合経験の少ない子どもたちが、20分という時間制でゲームを楽しみ、経験を積むのが目的だ。

 チャレンジクラスは圧倒的な強さで勝ち上がった楠本悠太郎と、女子で唯一の決勝進出となった橋本花奏が対戦。「予選で負けていたので、勝ちたかった」という橋本は、長いラリーからカウンターなど、身長130センチながらも躍動的なプレーを見せる。

 しかし、「将来はプロになりたい」という楠本悠太郎が、パワーと堅実なプレーで4−1で制す。「1ゲームを取られて冷や汗をかいたけど、初めて優勝できたのでうれしいです!」と喜びを表した。

 マスターズクラスは、阿部湧と嶋田峻生の左利き同士の対戦に。「なるべくコースを突くけれど、ミスをしないように心掛けた」という阿部が4−2で優勝。「この大人数の中で、しかもリーグ戦という、いつもとは違う緊張感の中で勝ち上がり優勝できてうれしいです」と喜びを語る。

 小柄ながらもスピードのあるボールを打っていた嶋田は、敗戦に悔しそうな表情を見せるが、「簡単なミスがまだあるので、しっかり練習して今度は優勝したい」と次の大会へ向けての意欲を見せた。
 
 この大会の特徴はプロと触れ合えることで、増田健太郎、伊藤竜馬、斉藤貴史、松尾友貴、山崎千鶴にトーナメントディレクターの杉山氏も含め6名のプロが参加し、コートを巡回して試合のチェックや、アドバイスを行なった。

 全試合終了後には、プロによるクリニックも行なわれ、パワフルなデモンストレーションに子どもたちから感嘆の声が上がった。「斉藤選手のスピンがものすごく跳ねてびっくりした」「YouTubeで見ていた松尾プロに会えて、教えてもらうことができてうれしかった」とプロと接することができてうれしかったようだ。

 小学生にとっては長い1試合を戦うよりも、短い時間でたくさんの試合経験を積める方が得られるものが多いだろう。加えて、プロの打つボールを直接見て、自分が成長した先の姿を思い描けるようになったはずだ。今年はあと4大会の開催を予定しているとのこと。こうしてテニスの裾野が広がっていくことを願う。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】迫力満点の伊藤竜馬のドラゴンショット『30コマの超分解写真』

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング