専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

全仏で初のグランドスラム制覇を狙う“俊英”アルカラス。1年前とは「別人になった」と大きな成長に自信<SMASH>

スマッシュ編集部

2022.05.22

全仏オープン会場で調整を行なうアルカラス。(C)Getty images

全仏オープン会場で調整を行なうアルカラス。(C)Getty images

 今季ここまで目まぐるしい活躍を続けているカルロス・アルカラス(スペイン/世界6位)が、開幕目前の全仏オープン(5月22日~6月5日/フランス:パリ/クレーコート/グランドスラム)への抱負を語った。

 海外メディア『EURO Sport』によると、5月5日に19歳の誕生日を迎えたばかりの俊英は、3回戦敗退に終わった昨年の全仏オープン時と比べて、自身のプレーレベルが「別人になった」と感じているようだ。

「昨シーズンはまだ成長するための、経験を積むための時間だった。あの時から僕は大きく成長したと思うし、まったく別のプレーヤーになったと思うよ」

 2020年のツアーデビュー以降、近い将来の大躍進を十分に予感させていたアルカラス。今シーズンがその時なのだろう。全豪オープンこそ3回戦でマッテオ・ベレッティーニ(イタリア/当時世界7位)に激闘の末敗れたが、マイアミでトップ10選手を2人破ってマスターズ初制覇を成し遂げる。
 
 さらに5月頭のマドリードでは、準々決勝でラファエル・ナダル(スペイン/当時世界4位)、準決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア/同1位)、決勝でアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ/同3位)を下すという、これ以上ない内容で早々にマスターズ2勝目を挙げて見せた。

 アルカラスは、さらなる目標のグランドスラム制覇に向けて、今回の全仏オープンが大きなチャンスだと感じているようだ。「今年は自分のベストシーズンになると思うから、ここで良い結果を出したい。自分にプレッシャーをかけ過ぎないようにして、今やっているようなプレーを続けたいね」と明かした。

 初戦の相手はラッキールーザーのホアン・イグナシオ・ロンデロ(アルゼンチン/世界141位)。試合は現地22日のセンターコート第4試合に組まれている。トップ10として迎える初のグランドスラムで、彼がどのようなプレーを見せてくれるのか注目したい。

構成●スマッシュ編集部

【連続写真】将来の王者候補アルカラスの動かされても力強く返球したフォアハンド
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング