専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

チリッチが世界2位のメドベージェフに勝利し全仏8強「最高の試合のひとつ」<SMASH>

中村光佑

2022.05.31

チリッチがメドベージェフから初勝利を挙げた。(C)Getty Imaegs

チリッチがメドベージェフから初勝利を挙げた。(C)Getty Imaegs

 現在開催中のテニス四大大会「全仏オープン」は現地5月30日に男子シングルス4回戦を実施。第20シードのマリン・チリッチ(クロアチア/世界ランク23位)が第2シードのダニール・メドべージェフ(ロシア/同2位)を6-2、6-3、6-2のストレートで下し、同大会4年ぶり3度目となるベスト8進出を果たした。

 3回戦では今季限りで引退を表明している地元フランス勢のジル・シモン(158位)をストレートで撃破したチリッチ。今大会は初戦から素晴らしいプレーで失セット数をわずか1に抑え、順調な勝ち上がりを見せている。

 迎えたメドベージェフとの4回戦、チリッチは過去3戦でいずれも敗れていた難敵を相手に、前後の揺さぶりを交えた多彩な攻撃で序盤から主導権を握り、第6ゲームで先にブレークに成功。徐々にミスを重ねるメドベージェフから第8ゲームでも再びブレークを奪い、幸先よく第1セットを先取する。
 
 勢いの止まらないチリッチは第2セット以降もブレークポイントを1度も与えない完璧なプレーを披露。終始メドベージェフに流れを渡さず、1時間45分で勝利を収めた。

 ようやくメドベージェフから初勝利を挙げるとともに、全仏初のベスト4入りへ王手をかけたチリッチ。全米オープン優勝経験者同士の一戦を制した33歳の名手は試合後のオンコートインタビューで「この会場の雰囲気も、ナイトセッションでの試合も両方楽しめた。僕は自分でも信じられないくらいのテニスができた。最初から最後まで、僕のキャリアの中でも最高の試合のひとつになったよ」と喜びをあらわにした。

 準々決勝では第7シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア/7位)と対戦するチリッチ。次戦で勝利すれば全ての四大大会でベスト4に進出したことになるだけに、テニスファンからも注目を集めそうだ。

文●中村光佑

【連続写真】メドベージェフの余分な動きがない安定感抜群のバックハンド!
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング