専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

錦織圭の元コーチが契約解消理由を告白!「彼はキャリアの最後の数年間は別の声を聞きたいと言った」<SMASH>

中村光佑

2022.06.17

錦織圭が大きく成長した時期をともに過ごした元コーチのボッティーニ氏(写真右)が濃密な9年間を振り返った。(C)Getty Images

錦織圭が大きく成長した時期をともに過ごした元コーチのボッティーニ氏(写真右)が濃密な9年間を振り返った。(C)Getty Images

 男子テニス元世界4位の錦織圭(現104位)のコーチを務めた経験を持ち、日本のテニスファンからも高い人気を誇るダンテ・ボッティーニ氏が母国アルゼンチンの大手ニュースメディア『La Nación』のインタビューに登場。そのなかでかつての教え子である日本のエースと共に歩んだかけがえのない9年間を振り返った。

 2人の出会いは米フロリダのIMGアカデミーで若手を指導していたダンテ氏が、同アカデミーの卒業生でもありプロ転向後も練習拠点としていた錦織に声をかけたのが始まりだった。ダンテ氏は2010年12月に錦織のフルタイムコーチに就任するまでの経緯についてこう説明している。

「ある日、圭のマネージャーから電話があり、ATPツアーをフルタイムで一緒にやっていかないかと誘われたんだ。僕はその話にすぐに飛びついたね。僕にとっては大きな一歩だった」

 類まれなるポテンシャルでキャリアの初期から大きな注目を集めていた錦織とは「最初から相性が良かった」と言うダンテ氏。

 09年に負ったヒジのケガにより100位圏外に順位を落とした錦織だったが、「1年目からうまくいっていた。彼は少しずつ駆け上がっていった」と語る同氏の支えを背にランキングを着々と上げ、11年10月には自己最高位の30位をマーク。

 14年の全米オープンではアジア人初のグランドスラム決勝進出を果たす(結果は準優勝)など、凄まじい勢いで進化を遂げていった。

 その当時のことについてダンテ氏は「彼が選手として、そして人間としてどのように進化していくのか、その過程を全て見ることができたのは、とても素晴らしいことだった」とコメント。常に間近で見守っている愛弟子が成長していく姿に強く感銘を受けたという。
 
 錦織は度重なるケガに見舞われながらも、16年リオ五輪での銅メダル獲得やATPファイナルズ(シーズン最終戦)4度の出場をはじめ、トッププレーヤーとしての地位を築き上げた。そこには常にダンテ氏の温かいサポートがあったことは間違いないだろう。

 だがついに2人は19年10月に関係を解消。その直後に錦織は元ダブルス世界1位のマックス・ミルニー氏とコーチ契約を結んだ。

 互いに別々の道を歩む決断に至った理由についてダンテ氏は「それは圭自身の決断だったんだ。彼はキャリアの最後の数年間は別の声を聞きたいと言った。最高の形で僕たちの契約は終わったんだ」と告白した。

 現在は元男子世界3位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア/22位)を指導するダンテ氏。インタビューの最後には「今はグリゴールの安定感もあってとてもうまくいっている。大会でより多くのポイントを獲得し、トップ10に近づいていきたいね」とコーチとしての今後の目標を明かした。

文●中村光佑

【連続写真】スイング中に時間のズレを調節する、錦織圭のジャックナイフ
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング