専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
国内テニス

第二の錦織圭よ、出てこい! 多くのトップ選手を輩出した盛田ファンドが2022年度の留学生選考をスタート<SMASH>

スマッシュ編集部

2022.07.19

MMTFによる留学生活を終え、2007年にプロ転向した錦織圭(左)。恩人である盛田正明氏(右)と握手を交わした。写真:スマッシュ写真部

MMTFによる留学生活を終え、2007年にプロ転向した錦織圭(左)。恩人である盛田正明氏(右)と握手を交わした。写真:スマッシュ写真部

 錦織圭、西岡良仁、内山靖崇ら世界に通用する日本人選手を数多く輩出してきた海外留学支援基金が「公益財団法人 盛田正明テニスファンド(MMTF)」だ。

 10代初めの有望なジュニアを日本全国から発掘し、アメリカ・フロリダの「IMGアカデミー」などトップレベルの育成施設に派遣。最高のテニス指導を提供するとともに、早くから世界で実戦経験を積ませ、プロ志向の選手をサポートする――。

 日本で真剣にテニスに取り組むジュニアなら誰もが憧れるMMTFが、2022年度の奨学金留学選手の選考をスタートした。第一次書類選考、国内選考会、アメリカのジュニア大会での最終選考を経て、合格者が決められる。

 奨学金の内容は、アカデミーでのトレーニング費用、滞在費用、遠征費用、現地校の学費、年1回の日本との往復チケットまでカバー。奨学金の返済義務は課されない。

 近年では19年にウインブルドンジュニアで優勝した望月慎太郎が、MMTFのサポートによりIMGアカデミーで腕を磨き、プロ転向を果たした。

 将来プロテニス選手を目指すなら、ジュニアの頃から海外での経験を積んでおくことは重要だ。日本の子どもたちにはぜひこのチャンスを逃さず、チャレンジしてほしい。そしてテニスファンとしては、またどんなダイヤの原石が現れるか楽しみにしたい。

構成●スマッシュ編集部
 
【MMTF 2022年度選手選考】
●応募資格
[1]2022年「全国選抜ジュニア選手権」または「全日本ジュニア選手権」のU-14男子シングルス、女子シングルスでベスト4以上の日本人(日本国籍)ジュニア選手。
[2]2022年「全国選抜ジュニア選手権」または「全国小学生選手権」または「全日本ジュニア選手権」のU-12男子シングルス、女子シングルスでベスト4以上の2010年4月2日以降生まれの日本人(日本国籍)ジュニア選手。

●応募期間
9月10日必着

●選考方法・基本スケジュール
2022年9月/第一次書類選考
2022年10月/国内選考会(東京近郊)
2022年11月/アメリカEddie Herrにて最終選考を実施
2022年12月/結果案内

●問合せ先
粟野(あわの)kawano@mmtfund.org

【PHOTO】IMGアカデミー出身の望月慎太郎の基本に忠実なリターン連続写真!
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング