専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

「史上最高の選手だ」車いすテニスの“レジェンド”国枝慎吾の現役引退に海外メディアも惜別「インスピレーションを与えた」

THE DIGEST編集部

2023.01.23

現役引退を表明した国枝。長きにわたり世界のトップを走り続けた。(C)Getty Images

現役引退を表明した国枝。長きにわたり世界のトップを走り続けた。(C)Getty Images

 輝かしいキャリアに終止符を打った“レジェンド”へ、海外メディアからも惜別の声が相次いでいる。

【PHOTO】国枝慎吾はじめ東京オリンピック・パラリンピックのテニス競技のメダリストたち

 1月22日、男子車いすテニスの国枝慎吾(ユニクロ/世界ランキング1位)は、公式SNSを更新し、「2023年1月22日付で引退することになりました」と報告。「昨年10回目の年間王者になった事で、もう十分やり切ったという感情が高まり、決意した次第です」と記し、38歳で現役を退くに至った心情も明かしている。

 グランドスラム(GS)のシングルスで28度、ダブルスで22度の優勝を誇る国枝は、パラリンピックでもシングルスで3度、ダブルスで1度の金メダルを獲得。昨年は、ウインブルドンで初制覇を果たし、生涯ゴールデンスラム(五輪と全てのGSで優勝)を達成するなど、初めて世界1位の座に就いた06年から長きにわたり世界のトップとして君臨し続けた。

 そんな国枝の引退を受け、米紙『The New York Times』のテニスライター、ベン・ローテンバーグ氏は、「車いすテニスに重大なニュース」とツイート。「GSのシングルスで28勝を挙げたクニエダが、38歳で引退を表明した」と続け、「昨年は、最初のGS3つを制し、年間GS(同じ年に全てのGS制覇)まで1試合と迫っていた」と最近の活躍を振り返っている。
 
 さらに、アルゼンチン紙『LA NACION』、スペインの専門メディア『ESPN Tenis』などに執筆するセバスチャン・トーロク氏は、公式ツイッターを更新すると、国枝の存在を、「史上最高の車いすテニスプレーヤー」と表現。そのうえで、「彼はテニスというスポーツを変え、みんなにインスピレーションを与えたプレーヤーだ」と賛辞の言葉を続けていた。

 世界中から絶大なリスペクトを集め、最強のままラケットを置いた国枝。SNS投稿のなかでは、車いすテニスという競技について、「まだまだ今後も更に発展していく事を願っています」とも綴っていたが、果たして今後はどのような活動が見られるのか。第2のキャリアが、より良いものなるように願いたい。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「もう十分やりきった」レジェンド国枝慎吾が世界1位のまま引退を表明。「障がい者との垣根が低いスポーツだった」とさらなる発展を願う<SMASH>

【関連記事】「酔っぱらいを追い出してくれ!」ジョコビッチが痛烈に野次る“ウォーリーをさがせ”軍団に憤慨!【全豪オープン】

【関連記事】「無礼にもほどがある!」マリーが試合中に激怒!2度目のトイレ休憩要求を却下されて審判に「馬鹿げている」【全豪オープン】

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング