専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

2019年の最年少WTA優勝者は旋風を巻き起こした15歳の少女。最も低いランキングで優勝したのは日本人選手!

スマッシュ編集部

2019.12.12

15歳でツアー優勝を果たしたアメリカのコリ・ガウフ。(C)Getty Images

15歳でツアー優勝を果たしたアメリカのコリ・ガウフ。(C)Getty Images

 WTAの公式サイトでは、2019年の様々な記録に残る数字をランキング形式で発表している。2019年11月4日までの、年齢とランキングに関する上位ランキングをここで紹介しよう。

 6歳でテニスを始め、9年後の15歳でWTAツアータイトルを獲得したのは、アメリカのコリ・ガウフ。ウインブルドンや全米でのブレークスルーを経て、10月にはWTAツアー初優勝を果たした。

 10月のオーストリア・リンツの大会で、1度は予選で敗れるものの、ラッキールーザーで本戦入り。すると、準々決勝で8位のキキ・バーテンスに勝利し(初のトップ10選手からの勝利)、決勝ではエレナ・オスタペンコを破って、弱冠15歳6カ月25日で初優勝を飾った。

 2004年にニコル・バイディソワが15歳で優勝した時以来、最も若いツアー優勝者となった。この優勝でランキングは71位にとなり、19年は68位でシーズンを終えている。年齢による大会出場制限がある中で、わずかなチャンスをモノにした活躍ぶりだった。
 
 カナダのビアンカ・アンドレスクは、グランドスラムに次ぐプレミアマンダトリーレベルの大会(インディアンウェルズ)で、シード勢を次々と倒して18歳8カ月19日でツアー初タイトルを獲得し周囲を驚かせた。

 それだけにとどまらず、8月には母国カナダで開催されたプレミア5の大会で優勝し、全米オープンでも19歳で頂点に立っている。大きな大会で類まれなる強さを発揮し、トップ選手へと駆け上がった。

 アメリカの17歳アマンダ・アニシモアも初優勝を果たし、ウクライナのダヤナ・ヤストレムスカは今季2大会で優勝、19歳にしてキャリア3勝を挙げるなど、女子にも有望な若手が続々と現れた19年シーズンだった。

 最も低いランキングでWTAツアー優勝を果たした日本人選手は、日比野菜緒。広島で開催された「花キューピット ジャパンウイメンズオープン」で、決勝では土居美咲に勝利。当時146位で、自身2つめのツアータイトルだった。プラハで優勝したジル・タイヒマンも同じく146位で優勝しており、1位タイとなっている。
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング