専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
国内テニス

「やっぱり94年生まれは一生のライバル!」日比野菜緒がフルセットの末に穂積絵莉を破りベスト8進出【全日本テニス】

内田暁

2020.10.29

緩急織り交ぜてミスを誘う相手に対し、穂積は得意のラリーで勝機を探ったがあと一歩及ばず。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

緩急織り交ぜてミスを誘う相手に対し、穂積は得意のラリーで勝機を探ったがあと一歩及ばず。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

 周囲の目には、リスクを負った勇気ある選択に映るポイント。

 だが当の本人は、「ラリーで穂積選手に食らいつかれていたので、私にしてみれば、短く決められる楽なポイント」だと屈託なく笑う。

 そして結果的にはこのプレーが、一つのターニングとなった。日比野のバリエーションに対抗すべく決めにいった穂積のショットが、ミスとなる局面が少しずつ増えていく。最後は、ゲームカウント5-4から日比野がブレークし、同期対決は日比野に軍配が上がった。
 
 ランキングや昨今の戦績から見れば、日比野の勝利は順当と言える結果だろう。ただ「タフな試合になるのはわかっていた」という日比野は、「これだけ良い試合ができて勝てたのはうれしい」と、表情をほころばせた。

 その時々の立場やランキングこそ異なるが、今回対戦して改めて、「やっぱり94年生まれは、一生のライバル」との思いを深めた同期対決。

 厳しい試合を制した第1シードが、倒したライバルの想いも背負い、初の全日本タイトルをつかみに行く。

【女子シングルス2回戦】
○日比野菜緒(ブラス)[1]  6-4 2-6 6-4 穂積絵莉(橋本総業HD)●
※名前の後の数字はシード

取材●文=内田暁

【全日本選手権PHOTO】女子/2日目|日比野、本玉らが苦しみながらも8強入り!激戦を厳選写真で振り返り!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング